おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

おすすめポイント愛情たっぷりの教育を目指すやわらかな雰囲気の保育園
続いてご紹介するのは、「ピノキオ幼児舎」です。

この保育園フランチャイズ(FC)を運営している株式会社ピノーコーポレーションは平成12年創業の企業であり、規模としてはそれほど大きくありませんが、口コミサイト等では一定の評価を獲得しているようです。

公式HPのふんわりとしたデザインからもわかる通り、このピノキオ幼児舎では、子どもに対して愛情を以て接するのびのびとした教育方針を掲げているようです。

子どもの可能性を引き出したいと考える保護者にとってはうれしい存在でしょう。

しかし、だからと言って経営がおろそかというわけではなく、スーパーバイザーとサポートマネージャーの二人体制でさまざまな問題に対応していくシステムが整えられています。

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)

子供達の安全を第一に考えて、問題点は全ての園で共有し改善

公式サイトで詳細を見る

フランチャイズ(FC)加盟園同士の結びつきが深く、問題の共有が幅広くできている

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

株式会社ピノーコーポレーションが運営しているこのピノキオ幼児舎は、フランチャイズ(FC)に加盟している保育園同士の結びつきに対し、他業者と比べてもかなり気を配っているようです。

「他の保育園のことなんてとくに気にしていないからつながりなんて必要ない」と思われる方もいるかもしれませんが、これは案外重要な要素と言えるかもしれないのです。

たとえば、悩みや問題ごとの共有などです。

一人では頭を抱えてしまうようなトラブルが発生したとしても、他の保育園のオーナーであればうまい解決法を知っているかもしれません。

つながりがあれば、そういったことを知ることができるのです。

ピノキオ幼児舎は、フランチャイズ(FC)加盟保育園同士の結びつきを深めるため、月1回の園長会議をはじめとするさまざまな取り組みを行っています。

よって、ひとつの保育園で決して無視できない問題が起こったとしても、その情報はフランチャイズ(FC)に加盟している保育園全体で共有できるようになっているのです。

これならば、他の保育園であれば解決に時間がかかってしまうようなトラブルも、迅速に対応できるかもしれませんね。

愛情をとても重要視しており、創造力と好奇心を大事にしている

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

■「愛情」を大事にする

肝心の園児たちへの教育内容についても、ピノキオ幼児舎のものは十分に納得のいくものでした。

保育園フランチャイズ(FC)によっては、時折到底納得しかねるようなひどい教育方針を掲げているところもあり、よく注意しなければ後々のトラブルの原因ともなってしまうので、よくご注意ください。

このピノキオ幼児舎が掲げているのは「愛情」の重要性です。

園児たちでは機械ではありませんので、ただマニュアル通りに教育していれば勝手に成長するというわけではありません。

心に愛をもって接しなければ、健全に成長してくれないのです

■「創造力」と「好奇心」

だから、このピノキオ幼児舎では、園児に対して何ごとも愛情を以て接することを良しとしているようです。

その中でもとくに大事にしているのが、「創造力」と「好奇心」のふたつの要素です。

これらふたつの要素は、非凡で優れた人間へと成長していくためには欠かせないと言えるでしょう。

創造力があるからこそ積極的に優れたアイデアを発想し、好奇心があるからこそ、だれよりも率先して積極的に行動を起こすことができるのではないかと個人的には思います。

子どもたちによりよい形での成長を促したいのであれば、これらふたつの要素は無視できません。

スーパーバイザーとサポートマネージャーの二人体制で日々の改善を目指す

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

このピノキオ幼児舎も、経営面でのサポートにあたってはなかなかの充実ぶりを見せてくれいます。

やはり、手厚いサポートというものは保育園フランチャイズ(FC)サービスのもっとも大きな強みのひとつと言えるかもしれませんね。

ピノキオ幼児舎では、他の業者の多くが採用しているスーパーバイザー、そしてサポートマネージャーの二人による体制でサポートが行われます。

スーパーバイザーの役割は、対象となる保育園の現状をリサーチすることです。

保育園へスーパーバイザーが直接赴き、現在問題となっている点や改善すべき点などをオーナースタッフへのヒアリングを経由してくまなくチェックし、リストにまとめます。

そうして得られた情報を元に改善案を練り、指導を行うのがサポートマネージャーです。

サポートマネージャーはスーパーバイザーによる情報、そして園内のネットワークによって共有されている情報を元に動き、専門的な知識からさまざまな対策を考案していくのです。

ピノキオ幼児舎では、スーパーバイザーとサポートマネージャーによる二人体制で、クオリティが保持されています。

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)

子供達の安全を第一に考えて、問題点は全ての園で共有し改善

公式サイトで詳細を見る

「食育」に力を入れており、農耕栽培等の実習カリキュラムを設けている

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

加えて、このピノキオ幼児舎が独自に行っているユニークなポイントとして、「食育」に対してかなり注力しているということが挙げられます。

食育というのはその名の通り、食べることに関する教育のことです。

単なるお箸の使い方等のマナーだけではなく、食べる食材がどのような経緯で作られているのか、食事を作るためにはどのようなことが必要なのかといった、食に関するあらゆることを学ぶ、とても広い分野なのです。

近年、食育の必要性を訴える著名人やメディアも登場してきているので、日々知名度は向上しているようですね。

ピノキオ幼児舎もまた、この食育の必要性についてかなり重要視しているようです。

給食では園児たちが適切に成長できるよう、足りなさすぎず多すぎずの適切な食事を供給するようにしています。

また、芋ほり等を実際に体験したり、野菜の育成を通じて農業に関する知見を深めたりといった実践的な教育カリキュラムにも力を入れているようですね。

数々のユニークな試みが独自性をアップさせている

このピノキオ幼児舎に関して私が感じたのは、「とてもユニークな保育園フランチャイズ(FC)だな」ということです。

スーパーバイザーとサポートマネージャーによる二人体制での問題解決、実際の栽培等を通じた食育への熱心な取り組み等、他の保育園フランチャイズ(FC)ではなかなか行っていない要なユニークな方針や行動が、いやが応にもこの業者を個性的なものとしています。

こうした、ある意味個性的とも言える取り組みに対して共感ができるのであれば、加盟を検討してみてもよいかもしれませんね。

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)の画像

ピノキオ幼児舎(株式会社ピノーコーポレーション)

子供達の安全を第一に考えて、問題点は全ての園で共有し改善

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

保育園フランチャイズ(FC)・コンサルタント会社ランキングTOP5

商品画像12345
商品名スクルドエンジェル保育園
(株式会社スクルドアンドカンパニー)
ちびっこランド
(株式会社学栄)
フランドル株式会社ピノキオ幼児舎
(株式会社ピノーコーポレーション)
株式会社ソリッドワン
特徴圧倒的なマーケティング力と物件を見つける力。園児の集客力が極めて高い保育園フランチャイズ業界では知名度が高い。
安全対策に力を入れている。
実際に保育園運営の経験がある担当者が、開園方法や場所の選び方を伝授。子供達の安全を第一に考えて、問題点は全ての園で共有し改善全国に様々な形態の保育園を50園以上開設した専門家が対応。
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
保育園フランチャイズ(FC)・コンサルタント会社ランキングTOP5はこちら