おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

独立開業時に保育園FCやコンサルを利用すべき理由とは?

公開日:2019/04/12  

独立開業して保育園を開く際「自分で行う」「保育園FCやコンサルに相談する」主にこの2つの選択肢があります。

この記事では、コンサルや保育園FCを利用した場合にどんなメリットがあるのかを説明しています。

 

 

保育園FCとコンサルの違いについて

FCは、本部は商号や商標の利用を許して、保育園事業運営に関するノウハウの提供や情報の提供をします。その対価として本部は加盟店からロイヤリティを貰うと言うビジネスです。

コンサルは保育園運営に関するさまざまなアドバイスを行います。その対価としてアドバイス料を貰います。

両者は同じようですが、本部が商号や商標の利用を許しているかどうかにより異なります。提供される情報は、FCの場合自社のFC事業の特徴をいかしたものになります。コンビニなどでも会社によって個性がありますが、保育園の場合も同じです。

コンサルの場合は、会社により個性はもちろんありますが、中立的な立場でアドバイスできます。

保育園業界に関しては両方行っている会社があります。この場合、FCとコンサルの両方の特徴を反映させて情報提供が期待できます。ただ、どちらかの強みを消してしまうこともあります。

そのため片方だけをしている会社、両方をしている会社どれが一番いいのかは、断言しにくいと言えます。相談する場合は、自社や自分との相性を考量した上で決めるといいかもしれません。

 

どこで開園した方がいいのかを教えてくれる

独立開業を成功させるためには、開園する場所が大切です。子供が少なく入園希望者の数があまり見込めない地域、近隣に既に大きな保育園がある地域などで、開園しても事業は成功しにくいと言えます。

成功させるためには、開園した場合にどれだけの子供が実際に入園してくるのかを、調べる必要があります。その場合に、保育園FCやコンサルは、自分のかわりに調べてくれます。

リサーチ業をしている会社は多数ありますが、開園を予定している地域に、保育園を必要としている子供や親がどれだけいるか、正確に調べるのはリサーチ会社でも簡単ではありません。

コンサルと保育園FCは、このリサーチに関してのプロです。確かな根拠をもとに、開園した場合の需要を明らかにしてくれることが期待できます。保育園FC、コンサルともに、大手の会社であれば資金に余裕があるので、より精度の高いリサーチをしてくれることが期待できます。

独立開業する場合には多額の現金と多くの人が動きますので、失敗は許されないと言えるでしょう。そのため、プロに依頼する意味があります。

 

早期事業を黒字化できる可能性が高くなる

保育園事業を黒字化させることは簡単ではありません。まして、開園して数年で黒字化させることは難しいことだと言えます。

プロから、園児獲得手法も含めたさまざまな助言を貰うことにより、早期に黒字化を行いやすくなります。具体的な見通しを教えて貰えます。その見通しは、過去に自分達がアドバイスした保育園の実績を根拠としているので、正確な見通しであることが期待できます。

独立開業時には、借入れをすることがありますが、早期に黒字化することにより借金を早期に返済できるようになり、利息の支払いを少なくすることができます。

また、黒字化できることが早期に分かれば、2園目3園目と、新たに保育園を開くための行動をとることも可能となります。これに関しては、コンサルと保育園FCに関しては過去の実績を確認するといいでしょう。今まで何園成功させてきて、成功させた確率などを聞くこといいかもしれません。

実績がない会社の場合、会社のビジョンやアドバイスの正確さなどに優れていれば、相談してみるのもいいでしょう。プロに依頼すれば、多くの場合個人のみで事業運営をした場合より、早期に黒字化できるようになります。

 

よい人材と巡り合うことができる

保育園を成功させるにはいいスタッフに働いて貰うことが大切です。園の大きさや子供の受け入れ人数により異なりますがスタッフは10人以上、多いと数十人必要になります。開園するときは、皆慣れていないので、多めに採用することが一般的です。

そうなると、100人以上の人と面接することもあります。面接していい人材を採用するのは簡単なことではありません。採用したあと解雇などは基本的にできないので、どの人に働いて貰うかは、より慎重に判断する必要があります。

その点、保育園FCとコンサルに相談すれば、どういった特徴がある人がいいのか、どういった経歴の人がいいのかなどを的確に捉えて教えて貰えます。また正社員だけでなく、人件費削減のために契約社員やアルバイト、パートなどの非正規社員も雇う必要性なども考えてくれます。

求人なども、必要に応じて保育系に強い転職エージェントを利用していい人材と巡り合う術を教えて貰えます。求人に関しては、独立開業する場合自分との相性の問題があります。

その点のことを考量してくれるプロにお願いした方がいいかもしれません。

 

助成金や補助金を案内して貰える

独立開業するときに利用できる助成金や補助金は複数存在します。国レベルのものもあれば、地方自治体レベルのものあります。これらの制度は、認証制度と言って一定の要件を満たした保育園のみが利用できるものであり、そのことについて開園前に熟知して置く必要があると言えます。

ただ、理解するためには専門的な用語や保育業界特有の言葉などもあり容易ではありません。法改正などもあり、自分が提供条件を満たしているかは申請する年度によって異なることもあります。

保育業界に詳しくない人が、これらの制度を正確に把握するのには、多くの時間が必要になります。プロにお願いすると、相談者が開園時そして開園後に使える助成金や補助金を案内してくれます。

申請期限がある場合は、もちろんそのことに注意しながら紹介してくれます。このことについての情報提供は、コンサルや保育園FCを利用するメリットの中でも、特に大切なことの一つです。

たとえば、60名の認可保育園の場合、月700万円程度の補助金を貰えることがあります。この金額だけ考えてもプロに依頼するメリットはあると言えるのではないでしょうか。

 

各業者への支払いを安く済ませられることが期待できる

保育園を開業する場合には、多くの業者と取引することになります。建物や土地などの不動産の購入や賃借、園の外構工事や内装工事、遊戯道具やテーブルや椅子などの購入などをすることになります。

保育園FCとコンサルは、これら保育園を開園するために必要な業者と懇意にしています。なので、個人で取引する場合より安く業者が対応してくれることが期待できます。

業者としては、今まで何度か取引して来たので安心でき、リスクを回避できるので過剰な利益を確保しなくても済みます。また、信頼関係ができているので話がスムーズに進み、交渉のための人件費が削減できます。

保育園開園の際にこれらの取引にかかるお金は数千万円以上になることは珍しくありません。仮に、数千万円に費用を数割引きにできた場合、経済的メリットは数百万円になります。

業者との付き合いは、開園後も続くことが予想でき、そうなると経済的利益はさらに多くなると言えます。業者としては、取引数が多くなる程利益を得られます。そうなると、歴史がある保育園FCやコンサル会社の場合、業者の値引き率が多くなることが期待できるでしょう。

 

保育園開業のプロに相談すると大きなメリットがあることが分かります。いい会社と巡り合うことにより、独立開業が成功する確率が上がることが期待できます。

プロに相談する場合は、事前相談だけなら無料で対応して貰えることが少なくありません。そのため、気軽に相談してみてはいかかでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧