保育園フランチャイズ(FC)・経営コンサルタント会社をランキングでご紹介!【独立開業に人気!】

 

保育園FC・コンサルは人材育成も行ってくれる?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/03

保育園をオープンする場合には、フランチャイズを選択する方法もあります。このとき、人の育成をしてくれるかどうかも問題になります。もし人を育ててくれるとすれば、フランチャイジーのほうもフランチャイザーの言う通りにしていけば、人が育つ可能性が高くなります。

人材を育てたほうがメリットもあることが多い

保育園FC・コンサルのほうで人材育成をしてくれるか問題になりますが、最近は比較的人材育成をしてくれるところも増えてきました。なぜこのような流れになっているかと言えば、フランチャイザーのほうから考えると、少しでも人材を育成することにより売り上げを伸ばすためです。

フランチャイザーがフランチャイジーに対して人材育成をすることにより得られるメリットは、売り上げが伸び収益を上げることです。逆にせっかくフランチャイズ契約をしているのにフランチャイジーのほうが勉強不足で売り上げが伸びなかったとすれば、当然ながらフランチャイザーのほうにも影響が出てきます。

多くの場合フランチャイザーは、フランチャイジーからロイヤリティーをもらっているでしょう。ロイヤリティーは月額が決まっているタイプと収益に応じて増減するタイプの2種類がありますが、いずれにしても収益があったほうが有利になります。

前者の場合は、毎月決まった額を支払うとしてもそもそも収益がなければ決まった額を支払うことができません。赤字になってしまえば、ロイヤリティーすら支払うことができず契約を解除しなければならなくなります。そのような意味においては、フランチャイザーにとってもフランチャイジーにとっても、お互い損をすることになりかねません。

後者の場合はもっとわかりやすくて、単純に収益が少なく赤字の状態が続いたとすれば、ロイヤリティー自体を多く回収することができないでしょう。その結果、フランチャイザーにとっては大きな打撃になってしまいます。これを避けるためには、やはり単なる研修だけで終わりにするのではなく人材育成まである程度おこなったほうがメリットもあると言えるわけです。

ただ人材育成をおこなう以上は、手間がかかりますのでその分、加盟金を高くするなどの対処法をとっているところもあります。この人材育成はいちど身に付ければそのまま波に乗ることができますので、フランチャイジーのほうも大きなメリットがあると言えるでしょう。

つまり、加盟金を支払うことができる人ならば、安心してフランチャイザーから多くの知識を得るようにするべきです。

経営者に対する教育とはどのようなものか

保育園FC・コンサルによる人材を規制する場面とは、どのような内容でしょうか。まず1つは経営のノウハウになります。あくまで育成をするとなれば、研修の内容を超えたものでなければいけません。

この場合、フランチャイザー側にコンサルタントがいますので、コンサルタントが直接経営者に対して指導する形になります。経営ノウハウですが、すでにノウハウを持っている人は別としても、多くの人はサラリーマンをやっていてそこから保育園の経営をおこなっていきますので経営についての知識がないことがほとんどになります。

そこで、経営者の心構えなどを学ぶことになるでしょう。基本的にサラリーマンと180度違う視点を持たなければ、経営者としてうまくいかない可能性が高いです。経営者が持つべきものの1つは、企業理念になります。企業理念と言うと、民間の会社この話であり保育園には関係ないような感じがするかもしれませんが、保育園を運営する場合でもとても重要です。

民間の場合と共通しているのは、やはりそこに競争が伴うことでしょう。競争が伴うことにより、売り上げがずいぶんと変わってきます。この理念が明確であれば、骨太の政策などを立てることができるだけでなく、統一された見解を従業員に話すことができます。また、いざ迷った場合でも、理念に応じて進む方向が明確になれば、どのようなときでもぶれることなく経営をすることが可能になるわけです。

もう一つ経営者が学んでおきたい内容は、お金関係の問題になります。保育園の場合は、毎月入ってくるお金はサラリーマンの比ではありません。サラリーマンの収入の何十倍から何百倍と言うお金が入ってくる可能性があります。そしてこれを従業員に支払うことになりますが、金銭感覚がぶれているとなかなかお金の支払いにうまくいかなくなるものです。

そこで、金銭感覚を身に付ける勉強していかなければいけません。例えば、投資をする場面がいくつかありますが、このときは非常に慎重に決める必要があります。慎重すぎてもいけませんが、必要な投資ならば積極的におこなわなければならないでしょう。

その点の見極め方なども学んでいく必要があります。例えば保育園のバスを購入するような場合です。人数が増えてくれば、バスが1台では足らなくなることも考えられます。このときもう1台購入するかどうかで頭を抱える人が多いはずです。

そこで客観的に分析をし、バスを購入することによって得られるメリットとデメリットを冷静に比較する姿勢が重要になるでしょう。このような考え方を身につけ、経営者らしく振る舞い利益を追求していく方法を考えます。

従業員に対する育成はどうか考えよう

保育園FC・コンサル人材育成といっても、従業員の育成もしなければならないところです。経営者が直接従業員に対して育成をすることもできますが、やはり定期的に研修などをフランチャイザーの方に開いてもらい、従業員に対して従業員とはどうあるべきかを説明することが必要になります。

保育園の場合は、いかに子供と上手に接するかは大事になります。普通の仕事とは異なり、保育園はある特徴があることに気がついている人は少ないかもしれません。

一体どのような特徴があるかと言えば、お客さんは2種類いると言うことです。通常お店などを開いていると、買い物に来る人はお客さんになるわけですが、保育園の場合は少し状況が異なります。

まず保育園にやってくる保護者はある意味お客さんになります。お金を出してくれる人になりますので、お客さんといわれれば当然お客さんと言えるでしょう。

これに対して、保育園に入るのは子供になります。子供がお客さんと言う感覚がおかしいかもしれませんが、子供を楽しませ安心させ、知力を育てていくと言う意味においては、ある意味お客さんともいえます。

このように二段構えの構造になっているため、通常の障害とは違う点を十分に意識しておく必要があります。

後は、育成をする場合少なくとも危機管理能力を持たせることも重要になります。これは経営者側の危機管理能力も大事になりますが、従業員側の危機管理能力もバカにはできません。

子供が熱を出した場合や、事故等にあった場合どのように対処するかを真剣に考えなくてはならないときがあります。それを事前に知っておくか知らないかで、その後の動きが全く異なってきます。

あの保育園はいざと言うときでも十分に動ける教育の届いたところだと判断されるか、いざと言うときは何もできないと判断されるかは人の育成によって変わってきます。当然後者の場合は売り上げが翌年から激減する可能性があるため、なんとしても避けなければいけないところです。

 

保育園FC・コンサルで人を育成することができるか問題になりますが、育成することができるところも多いです。人材を育成することで、フランチャイザーにとってもフランチャイズにとってもメリットが大きいからです。

まず、経営者側の育成が考えられますが、この場合には経営理念等の経営者が持っておかなければならない考え方と、お金の管理の仕方が重要になります。もう一つは従業員側の育成が考えられるでしょう。お客さんとの接し方だけでなく、危機管理能力も重要になるところです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧