おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを利用して開業を成功させる方法

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

保育園FCを開業するからには、確実に成功させたい物です。そして成功の為に必要に応じて経営コンサルを使う事も出て来ますが、保育園FCとコンサルを上手く使っていくにはコツがあります。

特に検討していくべき点について、これから述べていきます。

 

目的は明確なのか

保育園FCやコンサルと言っても、色々なタイプがあります。企業内保育園や院内保育園の開業で定評がある会社があったり、一般的に街で見かける保育園を多く開園させているタイプ等様々です。

コンサルの方でも独立中立型で、ビジネスの助言に徹し複雑なサポートが無い物や開業後のサポートまで行ってくれる様な徹底サポート型もあります。つまり、保育園FCをやりたいと思ったなら、次の段階として『どういうタイプの保育園をやりたいのか』という事を考えていく必要があるという事です。

それに応じて、依頼をすべきFC業者やコンサル会社も選択されていく事になります。 FCのメリットとデメリットについても、熟考しておくべきポイントです。

フランチャイズであるという事は、本部から一定の介入があり、利益の一部を本部に収める必要があります。ですがその代わりに定期的な技術サポートや、ノウハウの提供をしてもらう事が出来ます。

有名な所であれば、ネームバリューも大きいです。その介入度合と技術サポートが自分にとって相性が良い物になっているかは、よく考えておくべきです。

大きく目的からずれてしまった物を選択すると、色々な意味でリスクになります。自分の頭の中の開業プランと、事業維持に一致した物の選択が重要です。 多くのFCやコンサル会社で、事前の説明会や勉強会等を無料で開いている所も多いので、そういう機会を利用して情報を集めてみるのも方法です。

 

マーケティングは確実なのか

保育園のターゲットになるのは、幼児であり、その保護者です。地域によっては、そもそもターゲットになる層が殆ど居ないという場合もあります。

他にも既に周囲に同業他社が、多数保育園を開いている場所でしたら、アピールポイントが余程ありでもしない限りは多くの中の1つ位にしか思ってもらえず埋没します。 つまり黒字になる目算が高い場所を選んで開業する必要があるという事です。

仮に同業他社が多い中で開業するのでしたら、それはそれで、ぶつからないターゲット層を見つけていくという事です。この中にはターゲット層の人達が保育園に求めている機能についての調査等も含まれますので、保育園FCの中で行うカリキュラムの作成等の参考にも出来ます。

幼児期の子供は、人間の基本を作っている段階です。感受性等を含めて、単純に効率化の目で見るのは問題があります。ただ、そういった面への配慮をしっかりした上でのマーケティングデータの活用というのでしたら、それはとても意味がある事になります。

 

資金に合わせたプランを

保育園FCをやる場合にはコンサルを探すにしても資金に合わせたプランを複数提示してくれる様な所を選んだ方が良いです。

例えば大規模な同業他社が周囲に多く使える資金も限られているという様な条件でも提案出来る様な所が理想的となります。プランを複数提示出来るという事は、その分運営実績があるという事です。

つまりトラブルが発生した時にも、相応に対処したデータがあると見なせます。その分だけ即応してもらえる目算も高くみる事が出来ますし、多くの意味でその方が心強い物があります。フランチャイズという事は、一定のクオリティが求められる物です。

しかし中には外見的な質を重視し、対応策等もその質を前提にした物しか認めない様なケースもあります。ですが、そのタイプだと動きがどうしても硬い物になってしまいます。

人相手で、しかも幼児が対象になっている仕事は予想外の事も多く出て来ます。そんな中で硬い動きしか出来ないのは多くの意味でリスクになります。そういったリスクがある物よりは、内容的な質を重視する様な所の方が、出来る事の幅も大きくなってくるという事です。

 

保育園経営のノウハウを持っているのか

人によっては、企業を経営した経験があったり、保育業界で長く仕事をしていてかなりの部分が分かっているという事もあります。そういった場合は、コンサル探しについては助言に徹する最低限の所を選択するのも1つの考えです。保育園関係と一般企業の違い等について、独自で勉強していき、後はそこを配慮した経営をしていくというのも選択肢になって来ます。

ただ、そういった経験が無いというのでしたら経営の勉強が出来る体制が整っているFCやコンサルを探す事をお勧めします。ビジネスである以上は、実務と同時進行という事になって来ますので、その部分で無理が無い事と継続的な勉強会が行われる所だと理想的です。

人が相手の事ですので、予想外の事は次々に起きてくるものです。自分の所では起きなかったとしても、他で起きた問題がとても参考になる事も珍しくありません。

そういう情報共有の場としても重要になって来ますし、自分で調べるよりも詳しい人に面と向かって聞いたら即解決する問題も多い物です。次に何をやらなければならないかという事の、確認をする場所としても有効です。 自分の経験値やプランによって、色々変わってくる部分ではありますが、成功のコツとして重要な部分になってきます。

 

緊急時のサポート体制は?

保育園の問題を勉強会等で、相談出来る体制があるのは強みです。ですが、人相手の事の場合は状況がリアルタイムで進行していきます。例えばインフルエンザを始めとした感染症対策や、急な保護者への対応もそうです。

これ以外にもクレームの処理や補助金の申請関係の問題等、勉強会を待っている時間が無い様なケースの時に本部がサポート要員を送ってくれる様な体制があるのかは、よく確認しておくべきポイントです。サポート要員にも色々あり、不足人員のカバーという事で複数の人が来る様な物から、保育の経営や知識と技術を高いレベルで持ったアドバイザーが来る様な物もあります。

他にも単純にビジネス面のサポートだけする人が来る場合等もありますが、どのパターンが一番良いのかを良く考えておく事です。 即応してくれるかという事も課題の1つです。サポート要員が来るというので、本部に連絡したけど対応がとんでもなく遅いというケースもあります。

人手不足や間が悪く、たまたま来るのが遅れてしまうという事もありますが、慢性的に遅いというケースもありますので、その辺の事も成功の為にはしっかり調べておく事をお勧めします。

 

実績がある所を選ぶ

どういう目的で保育園をやりたいのか、そしてその為にはどの位のサポートが欲しいのかという事で取捨選択をしていく事になりますが、コンサルも保育園FCも実績がある所を選ぶのが重要です。例えば人員募集から、経営の補助まで全て行ってくれるという様な話が合ったとしても、実質実績が無いというケースもあります。

勿論、専門家をしっかり準備しており、丁寧なサポートが出来る体制が整っているという事もあります。つまり組織としての実績が無いだけで、稼働したら間違いなく実績が出来てくるだろうというパターンですが、成功のコツとして考えるのでしたら実績がある所へ依頼した方が無難です。

保育園の運営は人相手の事ですし、幼児の感受性の成長等も考慮した難度が高い物です。保育士の待遇問題等が昨今騒がれていますが、そういった面への配慮も重要ですし、日々起きるトラブル対処は経験を積んだ人で無いとどうしようもない部分が多くなっています。

実績が無い所へ依頼する場合はその辺りでリスクになってしまう確率が高くなります。 成功した実績がある所は、ネットや資料で確認出来る様にしてある所も多いですので、そういった物を参考にしつつ、依頼先に実績があるかを判断する事をお勧めします。

 

目的を明確化して、選ぶ会社を取捨選択し、その上でマーケティングや資金問題、緊急時のサポート体制等をしっかり見ておく事が成功のコツという事です。その上で担当者とスムーズな意思疎通が出来れば理想的な物になってきます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧