おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを契約して開園したときの補助金や助成金について

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/16

保育園を開園する場合、さまざまな補助金や助成金などを利用することができます。

手続きが難しかったり手間や時間がかかりますが、保育園FCに加入するとコンサルを利用することができるのでスムーズに開園することができるでしょう。

 

年齢別に金額が定められている

認可保育園は児童福祉法に基づき設置される児童福祉施設で、公的施設になり国や自治体から補助金が給付されるので保育料を併せて経営することになります。

認可保育園には公立や私立がありどちらにも助成金がでますが、公立保育園の場合は運営費のほとんどが助成金などになります。園を管轄している自治体は保護者から集めた保育料に加えて、年齢別に定められた金額を園に支給する仕組みです。

私立の場合も公立と同じように助成金などで運営していますが、金額が異なることがあります。例えば東京都の場合、私立への補助金は企業が運営する施設より、社会福祉法人が運営する方が高額になっているケースがあります。

保育園の補助金は保育する児童数によって金額が決まっていて、公立の場合は年度初めの4月時点における児童数により翌月の金額を決定する仕組みです。保育する児童の年齢によって単価が異なり、定員数や職員の平均勤続年数などより単価が変化します。

職員の平均勤続年数は長く勤めている人の昇給に対応するよう配慮された制度です。児童の年齢が低くなれば低いほど保育単価は高くなり、年齢が上がると単価が低くなる特徴があります。

 

国が定める基準を満たす必要がある

保育園は自治体から補助金があるので、1人あたり2~3万円ぐらい上乗せを期待することができます。例えば60名の保育園で各年齢の園児が10名の場合、毎月のおおまかな金額として月700万円助成金が支給される仕組みです。自治体によって多少金額が異なりますが、経営プランの元できちんと経営を行うと、安定して運営することができるでしょう。

保育園を開園するには国が定める児童福祉施設最低基準を満たす必要があり、難しい手続きとされています。市町村によっては独自の基準が定められていたり、施設の設置にあたり地元市町村から同意を得ることもあるでしょう。

保育園の経営に初めて着手する人にとって認可を取得することは難しいプロセスです。保育園FCやコンサルなどを利用するとスムーズに開園することができ、自治体とのやり取りは保育園FCやコンサルが行ってくれます。

いろいろな業者がありますが実績のあるところに相談すると良く、効率良くスタートすることが可能です。小規模保育園は施行されたばかりの新事業になるので対応している保育園FCはまだ少なく、詳しい業者に相談することをおすすめします。

 

自治体とのやり取りがスムーズになる

保育園FCやコンサルを利用すると、さまざまな規模の保育園経営に対応してくれるので便利です。保育園FCは独立や起業・経営サポートなどを請け負う会社で、低投資金額で保育園FCに加盟することができたり、いろいろなプランが用意されています。

経営のポイントである園児獲得力に優れていたり、開園した後も短期間で黒字化を目指すためのいろいろなサポートを受けることが可能です。小規模認可保育園開業もサポートしていて、保育事業を考えている人には信頼度が高いでしょう。

園を開設するにあたって各自治体において補助金が支出されていて、金額については各都道府県の自治体によって異なります。保育園を開設する地域の自治体に確認しなければいけませんが、コンサルを利用すると自治体のやり取りなどに対応してくれるので便利です。

例えばある地域では賃貸物件などを活用し保育園を開設する事業者に対し、助成金などの支出を行っています。保育園の規模として約60名以上収容できたり、整備対象地域なども決められています。地域によって開園しやすい条件や難しい条件などがあるので、コンサルを利用すると事前に把握することができるので便利です。

 

自治体によって算出方法が異なる

補助金は開設にあたって整備費用として支払われたり、開設した後の運営費用に対し支給される仕組みです。整備費は国が行う保育所等改修費等支援事業に基づいて支給され、基準額が3,200万円で国や市が補助してくれたり市が独自で換算するものなどいろいろなところから支出されます。

これとは別に地域によっては「私立保育所等施設整備費補助金制度」として、定員数に掛けた金額を支給するところもあるでしょう。かなりの金額が支給されるので有効利用することができ、施設や設備などに割り当てることが可能です。

尚、保育園を開設するにおいて費用がすべて支給されることではないので、いくらか準備しなければいけません。しかしかなりの金額が補助でまかなえるでしょう。

自治体によっては金額の算出方法が異なるので、どこで開設するかによって補助を受ける金額が変わってきます。必ずしも地元において開設したいというわけでないなら、どこで開設するかという点についても保育園開設における重要な要素になります。

保育園FCやコンサルを利用すると最適なエリアを見つけてくれるので、補助金などを活用しながら効率良く保育園を開園することができるでしょう。

 

手続きする時間や手間を省ける

運営費に関して、子供・子育て支援法や自治体の補助金交付要綱などに基づいて計算した金額が支給されます。交付要綱は保育士等処遇改善費補助事業や私立保育所等運営費補助事業などのいろいろな項目があり、それぞれの金額について自治体に確認することをおすすめします。

申請する場合は事前に電話予約を行い、運営法人に係る概要調書や認可保育所設置計画概要書、認可保育所運営計画概要書や資金計算書などを持参して、市役所に行い手続きすることが可能です。

保育園を開園するのに仕組みや手続きなどについては分かりにくいことが多いですが、問い合わせると説明してくれたり、保育園FCやコンサルを利用すると処理する際の時間や手間を省くことができます。自治体によって具体的な支給額に関して公式サイトなどを開設しているので、インターネットを利用すると確認することが可能です。

まず問い合わせを受けてから説明してくれる自治体が多いので、興味がある人は連絡してみましょう。コンサルを利用すると気軽に相談することができ、必要な書類のポイントを教えてくれます。

 

経費削減について

保育園の経営にはいろいろな経費がかかります。例えば人件費として保育士などの給与や福利厚生費が必要です。園児募集や保育士募集にかける費用や、チラシ印刷代や求人広告を掲載するのも要ります。

園舎や土地を借りている場合その賃料が必要になり、おもちゃや工作などの材料、医薬品なども必要です。水道光熱費や傷害保険・賠償保険料などといった開設した後のランニングコストがかなりかかります。

保育園を最初から開設するなら、初期経費として建設や内装費用、採用や園児募集の広告費などが必要です。保育園の経費削減に関して、経費を減らしたり使わないという考え方より無駄を省くという発想を持って取り組む方が良いでしょう。

保育の質を維持しつつ運営費が多くなることを予防することが可能です。水道を出しっぱなしになっていないかチェックしたり、冷暖房を入れる際部屋の扉を閉めておくなど、毎日の積み重ねによって大きな節約に繋げることができます。

コンサルなどを利用すると経費削減に関してアドバイスを受けることができるので、効率の良い運営を行うことが可能です。目が届きやすいところからまず無駄を省くことから始めてみましょう。

 

保育園を開園する際、自治体などからいろいろな助成金などを受け取ることができます。年齢別によって金額が定められており手続きが難しいですが、保育園FCやコンサルを利用するとスムーズに処置することが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧