おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FCやコンサル会社はマーケティングに重要な集客方法などのノウハウを持っている

公開日:2019/04/12  

保育園の開業をするのに、保育園FCやコンサル会社を活用する選択肢があります。ゼロから始めるのと違って、これらを活用すれば知名度ノウハウがある状態からスタートすることが可能です。

そのため、新規参入者にとっては頼りになります。

 

保育園FCは高い知名度を生かした集客が可能

まず保育園FCはチェーン展開しているわけなので知名度は高いです。規模にもよりますが、全国展開している所であればそれだけ知っている人が多くなります。大事なお子さんを預ける保育園を検討する親御さんにとって、すでに実績のある保育園は選びやすいです。

もしゼロから始める場合そうはいきません。知ってもらうためには広く宣伝していかないといけないため、宣伝コストが高くなります。保育園FCは知名度を活かして宣伝する形になるため、宣伝コスト自体も抑えることにつながります。

何かと初期投資がかかる保育園経営において初期投資が抑えられるとなれば、利益率も高くなるでしょう。 また、開業しても利用者が集まらなければ意味がありませんが、事前のマーケティング調査によって最適な立地を提案してもらうことが可能です。

保育園は不足しているといわれていますが、それでも場所が悪ければ利用者は集まってくれません。チェーン展開しているなら立地による集客率のデータも当然持ち合わせていますので、それを基にオーナーが損をしない場所を真剣に考えてアドバイスしてくれます。

 

コンサル会社も豊富なノウハウを持っていて頼れる

コンサル会社を活用する場合は、知名度を活かして開業するFCとはまた異なる点で頼りになります。保育園のコンサル会社は、実績が多くある地域の保育園開業に携わってきています。

それは表面的な部分だけではなく土地選びや資金調達、広告宣伝といった広い領域に及ぶものです。その経験に基づいた、地域差を意識した集客に関するノウハウも持ち合わせているので、自分で考えて決めるよりはるかに価値のある情報を提供してくれます。

ゼロから始める場合に、どうやって知ってもらって集客を集めるのか、具体的な方法を教えてもらうことが可能です。場合によってはそれらのサポートを代行という形で請け負ってくれる場合もあり、まったくの経営経験がない方でも利用者を集めることが可能です。

当然、保育園FCと同じようにどの立地なら人が集まるのか、というデータも持ち合わせています。コンサル会社の中には自社で保育園を展開しているところも多く、そうしたデータは決して無価値なものではありません。

したがって、コンサル会社を使っても成功しやすい保育園づくりが可能です。

 

独立開業に必要な手続きをやってもらえる

保育園FCもコンサルティングも、独立開業にあたって必要な手続きをサポートしてくれます。会社によってはすべて代行してくれるところもあるため、知識がなくても始めることが可能です。

例えば、最初に自治体の担当者と相談したうえで申請書類を作成して提出しなければなりませんが、それらをやってもらえれば手探りで行うのに比べて円滑に事が運びます。

また、自治体によって補助金制度を設けていますが、そのための申請手続きについてのアドバイスもしてもらうことが可能です。保育園FCでもコンサルティングでも、直接の資金融資をすることはほとんどありませんが、開業資金獲得のためのサポートはやってくれます。これについても代わりに手続きを行ってもらえる場合もあり、時間短縮につながります。

開業後のノウハウも当然助言してくれるので、最初だけ頼りになるわけではありません。保育サービスの質が下がれば継続的に利益となるだけの利用者を獲得することができないですが、質の高い保育サービスを維持できるように、具体的な保育の仕方を指導してもらうことが可能です。

 

優秀な人材を確保してもらうことができる

保育園で実際に子供たちのお世話や教育を行うのは保育士です。いかに施設や理念が素晴らしい保育園だったとしても、個々の保育士のレベルが低ければ質は下がってしまいます。

保育園FCやコンサルティングはこの人材の重要性を認識しているので、優秀な人材を確保できるようにサポートしてくれます。採用後も、人材育成の方法を具体的に助言、もしくは研修を代行することによって育ててもらうことができるため、素晴らしい保育士による質の高い保育サービスを提供することが可能です。

ここで保護者から高い評価を得ることができれば、それが実績として口コミで広がっていき、将来的にも安定した経営につながってきます。これは、ゼロから始める人が独自に作っていくとすれば何年もかかることですが、それが初めからある状態で始められるのは大きなメリットです。

どんな保育園にしたいのか、経営者によって種々異なることですが、それらに対応できるのも強みです。専任のアドバイザーが付いてくれるケースが多く、疑問がある場合にはすぐに質問に答えてもらえて心強いと感じる人も少なくありません。

 

ただ開業すればよいわけではない

保育園を開業したとしても、地域の保育に貢献するという理念を大切にしていかなければなりません。これをおろそかにすると、質の低い保育の提供によってトラブルが発生することになります。

保育園FCやフランチャイズは、単に利益の追求を考えているのではなく、こうした社会貢献のことも考えて助言、サポートしてくれます。その結果、単に効率性を求めるのではなく、利用する子供や保護者が満足できる保育サービスを提供することが可能です。

確かに経営をする上で利益を考えなくてはなりませんが、社会貢献を考えると利益だけ追求していてはいけません。そして、社会貢献になっていなければ利益にもつながらないという表裏の関係にもあります。

保育園FCやコンサルティングはこの線引きが上手なので、バランスを考えた提案、サポートをしてもらうことができます。 こうした助言があることによって長期経営を可能としており、一人で始める場合に比べれば成功する確率は高まるはずです。

保育園業界独自のマーケティング経験があればこその助言なので、利用する価値はあります。

 

価値ある保育園づくりを強力にサポート

現在の日本では待機児童問題があり、特に都市部では保育園が不足しています。そのため、作ればとりあえずの入園者は確保することができるでしょう。

しかし、いくら待機児童問題があるとはいえ、杜撰な管理や運営がなされていて子供にとって良くない環境の保育園は淘汰されてくのもまた事実です。親御さんにとって子供は大切なので、誰しもが子供の成長にふさわしい保育園に預けたいと考えます。

そう考えると、どのような保育園が現在求められているのかを考え、そのニーズに応えることが大切になります。すでに多数の運営に携わってきた保育園FCやコンサルティングは、この市場のニーズをマーケティング活動によって汲み取っています。それを活かした開業・運営をすれば、長期経営が可能になるはずです。

ニーズは多様化しており、親御さんによって求めていることは違いますし、地域特性もあります。これらは直接目に見える事ではないので個人で調べることは難しいですが、膨大なデータの収集を行っている保育園FCやコンサルティングなら、汲み取ることが可能です。

 

いきなりゼロから保育園を開業するよりも、すでにある知識やノウハウを活かした方が開業はスムーズで安定した長期運営にもつながっていきます。そのため、誰かの力を頼りたいなら、保育園FCやコンサルティングの活用がおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧