保育園フランチャイズ(FC)・経営コンサルタント会社をランキングでご紹介!【独立開業に人気!】

 

保育園FC・コンサルを利用できる保育園の規模は?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

保育園を運営している事業者が、経営に関する相談ができるのが保育園フランチャイズやコンサルタント会社です。こうした会社に興味はあるけれども、自分の経営している保育園の規模で相談ができるかどうか不安に思っている人のために、ここでは保育園FC・コンサルで経営の相談ができる保育園の規模について、解説していきます。

小規模の保育園でも相談できる保育園FC・コンサル

保育園FC・コンサルタント会社では、保育園の経営で悩みを持っている人のために、事業の運営に関するさまざまな相談に乗っています。小規模で運営している保育園の経営者も、こうした会社に経営の相談をすることが可能です。

2015年から設置できるようになった小規模認可保育園を運営している施設も、経営に関する相談をすることができます。通常の認可保育園よりも、預かることができる子供の数が少ないこうしたタイプの保育園では、効率的な経営がより重要な要素になりますが、このタイプの保育園のサポートに高い専門性を持っているコンサルタント会社もあります。

最大で19人までという預かることができる子供の数の制限の中で、いかに安定して保育園を運営させるかということは、保育園の置かれた状況によっては、非常に難しい場合もあります。

ですが専門の会社にコンサルタントを依頼することにより、限られた大きさの保育園でも安定した経営をおこなうためのサポートが受けられます。こうした保育園コンサルタントやFCを利用することで、これまで保育園を経営したことがない人でも、各種のアドバイスを受けながら経営を始めることができます。

従来までは保育園として行政機関から正式に認可されるためには、ある程度の施設と人員が必要になり、認可までに数年以上の日数がかかる場合もありました。ですが、新しいタイプの小型の保育園の運営が認可されるようになったことより、保育園運営に興味を持っていた人がより気軽に、事業を始めることができるようになりました。

こうした状況を受けて、これから小型の保育園を開業しようと思っている事業者を対象にする専門性の高い、保育園FC・コンサルも現れています。保育園の運営に必要なノウハウを、初心者でも一から学ぶことができます。

小型の保育園が認可されるために必要な期間は今までよりも大きく短縮されていて、申請してから数ヶ月程度で認可が受けられる場合もあります。申請に際して必要な手続きなども、保育園FCやコンサルタントにサポートしてもらうことができ、開業までの一連の手続きをスムーズにおこなうことができます。

認可が正式に受けられれば、公共団体から補助金の交付を受けられる場合もあるので、安定して経営をおこなうためには正しい申請が必要です。

大規模の保育園でも相談できる保育園FC・コンサル

規模の大きな保育園でも、保育園FC・コンサルに経営の相談をすることができます。大型の保育園を運営する場合には、保育園を利用する園児の数を安定させることが特に重要になりますが、施設がある場所によっては、園児が思うように集まらないようなケースも起こりえます。

そのために、大型の保育園の経営は、小型の施設以上に難しい点もあると言えます。ですが、園児が思うように集まらなくて悩んでいる保育園でも、保育園FCやコンサルタントに相談をすることで、安定した園児集めのためのサポートを受けることができます。

園児を集めるために必要なのは、しっかりとした現状の分析です。園児が思うように集まらないのは明確な理由が存在するからですが、そうした原因をしっかりと分析することにより、安定した経営のための適切な対策を取ることができます。

保育園FC・コンサルならば、このような集客のための対策も、専門的な見地からアドバイスをしてくれるので、効果的に対策を進めることができます。園児の数が集まらない理由としては、そもそも施設がある地域に、子供があまりいないといった理由がある場合もありえます。

このような場合でも、施設の場所の変更も含めて、総合的に対策を相談できるのが保育園コンサルタントとFCです。こうした会社には、保育園事業の専門家としての多くの実績があるために、安定した経営をサポートするためのさまざまなノウハウがあります。そのために、それぞれの保育園の実情に合った相談が受けられるようになっています。

大型の保育園では、園児の数とともに、施設で子供の世話をする職員を確保することも重要なポイントになりますが、こうした雇用に関する相談も、保育園FC・コンサルにすることができます。

多くの園児を集めるためにも、職員の雇用は重要な要素で、質の高い職員を雇用することで、園児の保護者からの信頼を高めることができ、保育園の評判を向上させるために役立ちます。

どのような点に注意して雇用する職員を決めるかについても、保育園FCやコンサルタントに相談することができ、保育園の経営にとってプラスになる雇用を実現するためのサポートが受けられます。

規模が小さい特殊なタイプの保育園のサポート

保育園の運営は、認可外の施設でもおこなうことができます。こうしたタイプの保育園は比較的規模が小さいものが多いのが特徴ですが、このタイプの保育園も、保育園FC・コンサルに相談することができます。

認可外の保育園の場合には、公的な機関から補助金を受けることができないために、安定した経営をおこなうためには、独自の工夫が必要になります。保育園FCやコンサルに相談をすることで、認可外の保育園でも安定して経営をおこなうためのサポートを受けることができます

認可外の保育園の場合には、認可を受けている保育園にはない独自のサービスをおこなうことも、集客をおこなうためには効果的な方法です。どのような方法により園児を集めることができるかも、保育園FC・コンサルと相談しながら検討することができます。

認可外の保育園は認可保育園よりも設置のための基準が厳しくないので、より事業が始めやすくなっていることも大きなメリットですが、小型の認可外保育園をこれから運営したいと考えている事業者も、保育園コンサルタントやFCに相談することができます。

認可されている保育園ではできないようなサービスも認可外の保育園ならば可能で、利用者にとって利用しやすいサービスを提供することで、保育園の魅力をアピールすることが可能です。

自分だけでは独自のサービスを考えることができない場合でも、コンサルタントなどに相談をすることで、一緒に経営を安定させるためのサービスを考案できるのが利点です。夜間まで運営しているタイプの保育園の経営者も、保育園コンサルタントやFCに相談することができ、夜間保育園特有の問題なども、解決のためのアドバイスを受けることができます。

夜間まで営業している保育園の場合には、夜遅くまで子供の世話をすることができる人員の確保が必須になりますが、こうしたタイプの保育士は、昼間が勤務時間の保育士よりも、探すのが難しいことも多いです。

24時間型の保育園でも夜に勤務することができる職員を見つけることは難しいですが、保育園FC・コンサルに相談することで、適切な対応策を一緒に検討することができます。さまざまな規模の保育園が経営の相談ができるのが、保育園FCやコンサルタントです。

 

保育園FC・コンサルでは、保育園の規模を問わずに、経営に関する幅広い内容の相談をすることができます。小型の保育園でも相談をすることが可能で、2015年から開始された小規模認可保育園も、安定した経営のための相談ができます。

従来からある大きい認可保育園も経営のための相談をすることができ、園児の数を増やすことを希望している経営者も、適切なアドバイスが受けられます。認可外保育園や夜間保育園などの特殊な小型の保育園も、経営のための相談ができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧