おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを契約して開業する流れで必要な手続きや申請

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/06/03

待機児童の解消や保育士不足などが叫ばれている中、自分で保育園を経営して地域や困っている保護者に貢献したいという人が増えてきています。保育園FC・コンサルを利用して開業する場合の流れで必要になる手続きや申請を知ることで、夢が一歩現実に近づきます。

 

保育園FC・コンサルを利用する人が増加

働き方改革や経済情勢、生活スタイルの変化などから、保育園が不足し待機児童が増え続けているという現状にある日本では、保育園の需要が高くなっていますが、保育士不足や経営上の問題により閉園する保育園が後を絶ちません。

待機児童が解消されない地域が多いだけでなく、閉園してしまうと新たな保育園を見つけることも困難になるため、質の良い保育を提供し、健全な経営状態を維持することができる優良な保育園の開業が大切です。

保育事業に乗り出したい気持ちがあっても専門的な知識がなかったり、保育ができても経営の経験がなかったりする場合や地域への貢献をしたい人などには、保育園FC・コンサルの利用がおすすめです。実際に新規参入する場合には、業界事情や運営方法、申請の仕方など分からないことが多いため保育園FC・コンサルを利用する人が増加しています。

開園時の手続きや書類の作成から、運営の仕方までナビゲートしてもらうことができるため初めての人でも安定した運営をすることが期待できることがメリットです。経営や保育の専門的な知識がなくても地域に貢献し、やりがいのある経営をすることができます。

 

保育園FC・コンサルを契約するメリット

保育園の開業を考える人の中には、すでに経営していて事業拡大をするという人もいると思いますが、新規で事業を起こしたいと考えている場合にはノウハウもなしに成功することは非常に難しい業界です。

単に待機児童が多い地域を選ぶというだけの戦略では、経営が立ち行かなくなるリスクがあるため保育園FC・コンサルを利用することをおすすめします。正しい経営予測や分析、設備投資や効果的な宣伝、資格者の確保など経営を成功させるためには多くの要素があり多角的な専門性が必要です。

これらのことを滞りなくクリアして、健全な運営をするための戦略がフランチャイズやコンサルティングの活用なのです。保育事業立ち上げの実績と豊富な運営ノウハウ、充実したサポート体制を持つ会社を選ぶことで、開園の手続きや書類作成など申請にかかわることはもちろん、建設や準備、スタッフの募集や経営などのサポートも受けることができるというメリットがあります。

困りごとや悩みごとの相談にも丁寧に対応してもらうことが可能なのでアフターフォローという点でも安心です。

 

保育園FC・コンサルの契約までの流れ

保育事業に新規参入するときの最初のステップは、保育園FC・コンサル会社を選ぶことです。開園の実績が豊富で、開園後の経営状態が良い会社を選ぶことが重要ですが、初めての人なら園の建設サポートや宣伝、専門資格がある従業員の雇用などにも精通している会社を選ぶことがポイントになります。

またアフターフォローが充実していることも、選ぶときの大切なポイントです。自分が開業したい保育事業のイメージに合うフランチャイズ・コンサルティング会社を選んだら、具体的に打合せをしていくことになります。契約までに、開業したい保育園のコンセプトや要望をすり合わせ、経営計画や資金計画などの見積もりを出してもらって、内容や費用に納得できた場合に契約するという流れです。

他の人にとって良い会社であっても、自分にとって良い会社であるとは限らないので、契約前の打ち合わせをじっくりと行うことは大変重要です。こんな保育園にしたいという希望をしっかりと実現することができるか、資金面での無理はないかなどをよく確認してから契約をするようにしましょう。

 

申請や手続きをするまでの準備の流れ

契約をしたら打ち合わせをした内容をもとに、申請に必要な事業計画書や基本運営計画書を作成し、準備をしていきます。建設費用や売上予測、経営に必要となる経費のリストアップや損益計算書、キャッシュフローなどを明らかにしていき、オーナーが予定している資本金額をベースに開園から1年間の事業計画書を作成することが必要です。

記載されている内容に無理がないことや要望にそっていることなどを確認しながら作成してもらいます。基本運営計画書では、基本的な運営方針や保育料、運営時間などを設定し、保育園を経営していくための基本コンセプトを明らかにしていきます。

一般的な基本運営計画にならうという方法も在りますが、保護者にアピールすることができる特徴や強みを持たせることが経営を成功させる大切な要素になるため、妥協せずに徹底的に話し合いプランを作成するようにすることが大切です。

また開園予定地を絞り込み物件探しをすることも申請や手続きをするまでに行うことになります。統計データや近隣保育園の稼働状況などをチェックし、直接現地を訪れて交通量や治安、利用可能な公園の確認などを行い、物件探しをすすめましょう。

 

申請や手続きをするときに必要な書類と流れ

保育園を新たに開設する場合には、保育園の運営方針や予算書をはじめ建物に関する書類や職員関係の書類など自治体に多くの書類を提出することになります。

また自治体だけでなく、管轄の消防署や保健所等への届け出も必要になり、ひとつでも不備があるとスムーズに開園することができません。各自治体や関連機関への書類提出や届け出に加えて、損害保険会社との契約や給食業者、クリニックなどとの契約も行うことになるため大変煩雑です。

保育園FC・コンサル会社を利用することで、開園にかかわる複雑で煩雑な書類作成のサポートを受けることができるので、スムーズに開園に向けて進んでいくことができるというメリットがあります。

保育園開設に必要な知識や書類作成のノウハウがあり、実際に開園サポートを多く手掛けている会社なら滞りなく申請や手続き、届け出を行うことができるので、手間や時間を最低限におさえながら準備をすることができます。自治体から認められなければ、どんなに頑張っても開園することができないので、実績豊富な保育園FC・コンサル会社を選ぶようにしましょう。

 

開園までに必要なその他の業務の流れ

開園に必要な手続きや届け出以外にも、保育園を開設するときにはしなければいけないことがたくさんあります。物件探しができたら、外装や内装のデザインを決定して施工にうつりますが、保育施設のデザインは、園児たちはもちろん保護者のイメージにも大きくかかわるので大変重要です。

保育園の工事を数多く手掛けている業者を紹介してもらい、設計に関しては実績豊富な保育園FC・コンサル会社とよく相談しながら行うことをおすすめします。保育園の質を左右する保育士の採用は、経営にかかわる重要な事項です。

保育経験が豊富な人なら人材の選定や研修ができることもありますが、自信が無いという場合でも良い保育士を募集するためのノウハウがある会社なら安心です。オーナー研修や保育士の研修があることも大切で、開園までに研修を受けることでノウハウや知識を学び、質の良い経営や保育ができるようになります。

さらに開園が近づくと園児を集めることになりますが、経費をおさえて効率よく募集を行ったり、ホームページを作成したりすることも保育園FC・コンサル会社の得意な分野なので積極的に利用しましょう。

 

保育園を開園するときには自治体への申請をはじめ消防署や保健所への届け出、保険会社や給食業者との契約などが必要になります。魅力的な保育園をスムーズに開園するためには、申請や手続きを滞りなく済ませることが必要なので、ノウハウと実績がある保育園FC・コンサル会社を利用しましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧