おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FCやコンサルで人気がある業者に共通することとは?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/16

 

保育園FCやコンサルは数多いですが、人気がある業者には理由があります。

業者によって多少の差異はありますが、外せないポイントについてご紹介していきます。

 

 

フォロー制度がある事が多い

保育園FCとコンサルの人気のある所に共通しているのがフォロー制度です。保育園FCをやりたくなったというなら、経営相談のコンサルを探したり、保育園FCの会社を探すという事になります。

しかし、そこで問題が出て来ます。探す人に会社を経営した経験があるかどうかです。 企業の運営経験がある人等はいるかもしれませんし、他にも学習塾を個人で経営していた人や、保育業界に色んな意味で関わり経営の方等の詳細も色々知っているという人も居ます。

ですが、どちらかといえば、そういった経験が無い人の方が多いというのが実情です。人気がある所は、そういった経験が無い人達向けに勉強会等のフォロー制度を提供している場合が多くなっています。

コンサルの場合も、保育FCでも、その辺りに違いは無いですが、サポートの期間や詳細には色々違いがあります。最初の数か月は無料でそこから後は有償というタイプや、運営が続く限りはサポートをしてくれるというタイプの物もあります。

他にも開業するまではサポートをするけどそこから先は無いパターン等も少なくありません。ただ、どのタイプであったとしても、未経験者にも会社運営が出来る様に、かなりのシステムを提供してくれます。その辺りが人気のある所の理由として、共通しています。

 

スーパーバイザー来訪制度がある事が多い

各種の勉強会的なフォロー制度によって、経営の知識を増やしていく事や実際に起きた問題に対する対処法の話を聞く機会があるかどうかは重要です。色々調べて回るよりはプロに聞いてしまった方が早い問題というのも多い物です。人脈作りという意味でも有意義になって来ます。ですが、保育園関係の問題は人相手の事ですので勉強会等のサポートの機会が比較的多くても、その日を待つ余裕が無いパターンも少なからず発生します。

人気が高い所は、そういう場合に備えて、スーパーバイザーを派遣してくれる制度を持っている事が多いです。 スーパーバイザーとは、保育関係の問題でしたら、実務面と経営面のどちら側にも精通したスペシャリストの事です。彼らに相談し、発生している問題の対処法を考える事になります。本部と直結している面もありますので、組織としてのサポートをしてほしい等の事も聞いてもらえます。

未経験からのスタートで知識が一切無い中、勉強だけでは追い付かない面をサポートしてくれる要員がいるのはとても心強い物があります。2人1組のペアの様な形だったり、1人で来る場合だったり、来てくれる数は会社等によって違いますが、積極的に意思疎通を図り、活用していくべき制度です。

 

10年以上の実績がある会社が多い

幼児期の子供は勉強以前の段階にあります。物を考える以前の情緒的な部分だったり、他者信頼やコミュニケーション等、生きる上での基礎を育てている最中です。その点を考慮しないで、予定通りに事を効率良く進めて管理するという考えで接すると、齟齬が発生してしまいます。

例えば保護者から『将来の為に勉強させたい』という要望があったとして、カリキュラムを順当に進めていく様な方法を考えてしまうと悪影響になりかねないという事です。人間の基礎を作っている事を考慮しつつ、保護者のニーズに付いても考えていくという難しい段取りを踏んでいく必要があります。

こういった教育面の問題以外にも、建設予定地域の様子を事前に調べておく事や、人材募集等のフォロー等、一般企業的な事も同時進行で行っていくのが保育園FCです。全てをしっかり行うには、組織自体が経験を積んでいる必要があります。

つまり、実績がある事が大前提になって来ます。人気がある所は、教育産業で多くの実績があったり、保育コンサルタントとして30年以上活動しているという歴史があるケースが多いです。

 

母体企業の経営がしっかりしている事が多い

FC関係のリスク要因で、相当に大きいのが運営母体の経営が危ない場合です。仮に自分が運営するFCが上手く経営出来たとしていても、母体である企業の方がダメになってしまえば悪影響が大きく来ます。

倒産してしまえば、こっちも閉園しなければならないかもしれません。運営母体が変わって、続ける事が出来る様になっても、方針が大きく変わってしまえば運営に混乱が出て来る事が考えられます。

ですが、人気があるFCは母体になる企業経営がしっかりしている場合が多いです。FCをやる場合に実績が多い所を選んだ方が良い理由にもなりますが、しっかりネットワークが出来る程にやるには確実な経営が必須条件になります。

FCとしての歴史そのものはあまり長くないというケース等も無いではありません。ですが、その場合でも運営母体の方が関係する分野で相当の実績をあげている事が多く、人気の所の母体は不安定な印象を受けません。

他のメリット面としても、例えば教育産業や保育関連産業に深い繋がりがあったとしたら、そちらの方に保育園FCの方の宣伝もしてもらえるという事になります。会社を選ぶ場合の根拠として、こういった母体の経営状態等を見るのも1つの方法です。

 

様々なサポートがある事が多い

全て代行してくれる場合と、部分的な代行の場合がありますが上位人気の物は各種雑務の代行や施設建設等のサポート可能という所が多くなっています。

例えば、保育園の建物ですが、保育園を名乗る場合には一定の基準をクリアしていなければなりません。これは後に認可保育園に指定してもらう事等とも重なって来ますが、詳細を調べ、利用可能な土地を探していくのは結構大変な仕事です。

建てる土地と周辺環境のリサーチ等も、かなり重要になってきます。建ててから起きる問題で多いのが騒音問題等です。状況によっては、子供の声や音楽等がうるさいので自粛してほしいというクレームが多くなってしまう箏も考えられますし、その辺の無配慮は後に違うトラブルへと変化するリスクがあります。

収支プランも、企業経営経験がある人を除外すれば全く見当が付かないという人も少なくありません。こういった各種の雑務を代行してくれたり、相当な面のサポートしてもらえるのでしたら、保育園FCをやってみたいと思った時のハードルも相当に低くなる物があります。

中には人材募集から、講師の手配まで代行するというケースもあるので、選択の幅は相当に広いです。

 

高いマーケティング力があるケースが多い

保育園をやる場合でも、他の産業と同じでマーケティングは重要になります。昨今、保育園不足であり需要は高まっているのは間違いありません。ですが、適当に開けば子供が来てくれるわけでは無く、しっかり需要等を調べておく必要があります。

例えば、同業他社が周囲にどの位存在しているのかという問題であったり、周辺地域の子育て世代が欲しい保育のスタイルについての調査等です。同業他社が乱立している状態でしたら、新規参入してもその他大勢にしか見てもらえません。

他にも地域によっては、深夜保育や緊急でも預かってくれる様な物に強い需要がある等、需要に特徴がある場合もあります。そういった情報を考慮した上で実際の保育園を経営するのと、しないのでは大きい差が出て来ます。

この部分がしっかりしているのでしたら、同業他社が多い地域で営業するにしても、他とはぶつからない形で利益を上げる方法も色々出て来る物です。人気が上位の物は形に差異はありますが、こういったマーケティング部分と園児を集める事に関して、独自のノウハウを持っているケースがとても多くなっています。

 

実績がある事と、各種の雑務代行、勉強会やスーパーバイザー派遣等、未経験者も安心して出来る形になっている所が共通しているという事です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧