おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを両方行っている会社を利用するメリットとデメリット

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/03

保育園を開業するノウハウがない場合、保育園FCやコンサル会社を活用することで知識がなくても開業することが可能です。様々な保育園FCやコンサル会社がありますが、この両方を行っている会社もあります。

 

両方を行っている会社の特徴は?

保育園FCとコンサルの会社の特徴は、FCに加盟する事業者を募集しているとともに、それとは別に開業のコンサルも行っている点にあります。つまり、その会社を利用する場合、FCに加盟する選択をすることもできますし、自分独自のブランドで保育園の開業をするにあたってアドバイスをしてもらうことも可能です。

そのため自分の要望に合わせて選択することができるメリットがあります。コンサルについては、保育園FCの運営から得られたノウハウを活かした具体的でためになる助言を受けることができます。FCの運営をしているので加盟店の募集もしていますが、直営での運営ももちろん行っていますので、直接の運営実績もあり、具体的な経営ノウハウを有しているわけです。

FCの運営元としてのノウハウとそれを基にした助言を得られるという相乗効果はとても大きく、様々な視点から経営をとらえることを可能とします。片方だけを行っている会社はそれぞれの部分については強いですが、別の視点を知らないので隙が生じてしまいますが、両方を扱っているからこそ隙がなく強力なサポートを期待できます。

 

FC側のサポートを受けられることについてのメリット

FC側のサポートは、その知名度を活かして開業することができることが大きなメリットとなります。開業しても知名度が低ければ入園者を集めることができません。

入園者が集まらなければ保育園を開業しても収益につながらないため、オーナー業を長く続けることは難しいでしょう。その点、FCならすでに実績があればその知名度を活かして入園者を集めるのは容易です。誰しも、まだ実績のない保育園に比べれば実績がある所の方が信頼できると考えますので、新規に始めるとしても入園者は集めやすくなるでしょう。

また、開業するにあたって最適な立地のアドバイスは確実に行ってもらうことができます。FCの運営会社の側も、収益を上げるためには加盟したオーナーが十分に収益を上げなくてはいけません。立地を一つ間違えばいくら知名度が高かったとしてもなかなか人が集まらず、十分な収益を上げることができなくなってしまいます。

そのためFC運営会社のサポートはとても充実しており、ほとんど知識がないオーナーの方が開業するのに十分な知識を提供してくれるので安心できます。

 

FCのデメリットは独自の経営がしにくいこと

もちろんFCにもデメリットはあります。まず保育園の運営理念や方針がすでに決まっており、加盟する場合はそれに従って保育をする必要があり、独自色を出すことはほぼ無理です。それに従わないと解約されてしまうことにも繋がってしまいます。

また、一定のロイヤリティーを支払わなければならないこともデメリットです。事前の契約に基づいて一定の割合を利益から本部に支払う必要があります。すべての収益が自分のもとに入ってくるわけではないので負担感はあります。

ただし、もし自分が一から始めるとしたらスタートでうまく軌道に乗ることは難しいので、それを考えれば一定のロイヤリティーを支払わなければならないのはコストとしては許容範囲とも言えます。うまくいけばスタートから十分な入園者を集めることにつながり、ロイヤリティーを支払ってもなお利益を十分に確保することも難しくはありません。

もしFCのメリットをあまりよく思わないのであればコンサルの方を活用すると良いですが、両方を運営している会社ならその選択が容易なのでおすすめすることができます

 

コンサル側のメリットは独自色が出せること

FCのデメリットで独自色を出すことができないと言いましたが、コンサルならあくまで自分が独自に開業する保育園についてのアドバイスをもらうことになるので、独自色を出すことができます。独自色を出したいとしても、どのようにして出せばよいのかは運営したことがない人にとっては難しいことでしょう。

しかしコンサルではオーナーの要望を聞いて、それを実現することのできるように助言やサポートをしてくれます。ゼロからなら手探りになるものも、これまでのサポート経験から得られたノウハウを活かしての助言やサポートとなるので、的外れな提案はなされないはずです。

そして、両方を行っている会社の場合はFC側の知識も活用して行われるので、より個別具体的な状況に応じたサポートにつながっていきます。単にコンサルだけをやっている会社の場合は、時には運営側の気持ちがわからない可能性も無きにしも非ずです。

その点、FC運営をしている場合は運営者としての立場も十分に理解しているので、新たに開業する人の気持ちを理解してもらったうえでのサポートをしてもらうことができます。

 

コンサル側のデメリットはあるか?

コンサル業を単品で見た場合、理論は立派でも実践的ではないということがあります。これは実際に保育園を運営しているわけではないことから起こる問題です。実際に運営していれば見えることも、アドバイスだけを行っている立場からは理解しにくいので起きてしまいます。

経験豊富な会社であれば、これまで関与してきた保育園からフィードバックが得られるので、デメリットは抑えられています。逆に実績が豊富ではないところなら要注意です。

そして、これはFCと共通でお金がかかります。どのくらいの期間費用を支払うのかは契約にもよりますが、ある程度の期間はコンサル料を支払わなければならないのでコストとして考えておかなければならず、もし利益が十分でないのならば負担だけかかってしまうことになるでしょう。

単品で見ればこうしたマイナス要素がありますが、FCも運営している会社であれば直接の運営実績があるので、アドバイスは理論だけにとどまらず個別的な事情も汲み取ったものとなるでしょう。そのため、独自色を出したいのでFCには加盟したくないけれど運営ノウハウがないのでサポートが欲しいという方にピッタリな選択肢となります。

 

両方を行っている会社は選ぶ価値があるか?

両方を行っている会社は、どちらを選んでもそれぞれの知識を基にしたサポートが得られるので選ぶ価値はあります。両方のメリットを併せ持っているので、デメリットと言えるのは費用を支払わなければならないことだけです。

そのデメリットも、最初に知識がゼロの状態から始める人が十分にスタートを決めることが可能になることを考えると、そこまで大きなマイナスとは言えないでしょう。確実にメリットを活かすことができるようにするためには、どちらの点でも実績が豊富な会社を選ぶべきです。

実績が豊富であれば経験値を積んでおり、様々な局面に対応できるノウハウを構築しています。したがって、あらゆる事情に柔軟に対応することができるので頼りになるはずです。 保育園FCやコンサルの情報は、様々な口コミ情報を見ることができますし、公式でもこれまで実績について宣伝しているので、それらを活用すれば最適な会社を見つけられるはずです。

いずれの会社も問い合わせは無料で行っているほか、各種資料の請求ができるようになっているので、比べるにあたっては直接問い合わせて確認してください。

 

このように、FCとコンサルの両方には良い点もあれば悪い点もあります。

しかし、どちらも行っている所であればそれぞれのデメリットを打ち消し合って良い部分を押し上げてくれます。それは、新しく保育園を開業したい人にとっては心強いです。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧