おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルの意味とは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

保育園FCとは、保育園フランチャイズという意味であり、コンサルはその経営について相談に乗ってくれる会社の事を指します。

自分がどういった目的でやりたいのかで、選ぶ会社もまた変わってきます。

 

 

マーケティングについて

保育園も他の企業経営と同じで、入ってくれる子供の数が少ない場合には運営は出来ません。ですので、保育園FCでも、コンサル探しでもマーケティングに重要な意味が出てきます。

昨今、保育園が足りないという事で社会問題になっています。ですが、地域によっては既に施設が十分足りている事も少なくありませんし、子供自体が少ない場所もあります。そういった場所に開業してしまった場合は、内容面で相当な差別化が出来る等でも無ければリスクを背負う事になります。

そういったリスクを回避する為には、マーケティングを重要視している所を選ぶのをお勧めします。一定以上の利用者が見込める上、同業他社と変にぶつかる様な所が無い場所で開業したなら黒字スタートする事も十分に出来ます。

フランチャイズという事は、名前を使わせてもらったり、技術指導を受ける代わりに本部にお金を支払う事です。そのメリットとしては、マーケティング部分を本部が代行してくれる事があげられます。

幼児期の子供の育成を余裕もって行う為にも、土台になる部分を確実にしておく必要があるという事です。

 

資金を考慮してくれるかについて

保育園FCをやるので、コンサルを探すという場合に付いて資金問題を考慮してくれる所を選ぶのも重要なポイントです。

例えば企業内保育園として、保育園FCに入ってもらいたいという場合等でしたら資金も安く済みます。そして、町で一般的に見かける保育園の様に建物を建てて、人材を募集してやる様な物でしたら、ある程度の資金は必要になる物です。

それぞれの事情や状況によって、もっと細分化も出来ます。こういった事に合わせたプランを複数提示出来る会社が理想的です。

周辺地域に大きい保育園があり、資金に付いても限られているというパターンだったとしても、企業内保育園でしたらターゲットにする層は絞られて来ます。利用者が満足出来る様なカリキュラムを作る等、内容面を充実させる方向性もあります。そこで良い結果が出せれば、次の子供もそこに通ってくれる目算が高くなり、他社競合を心配する必要も少ないです。

相応の成功をしているコンサルや、保育園FCの場合は成功例の紹介をHPや資料で行っている事も少なくありません。ですので、選択の場合には調べてみる事をお勧めします。

 

経営についてのサポートについて

大抵の人は、保育園を経営した経験はありません。企業経営の経験がある人等や、保育業界を経験した事があるという人はいるかもしれません。

ただ、保育は一般企業と違う面もありますし、業界を経験したと言っても経営の経験が無いというのでしたらハードルが高くなる事も多いかと思われます。ですので、FCをやりたいのでコンサルを探すという様な場合には、その部分のサポートがある所を探すのをお勧めします。

無料のセミナーを開いている所等も多いので、幾つか回ってみたりしつつ、資料を比較して考えてみるのも方法です。開園前と開園後にも、定期的に勉強会が開かれる上、実務上の問題についても即相談出来る様な体制が整っている所が理想的です。

既に組織が動き出している場合、知識は直ぐに使っていかなればなりません。ですが、実際にやってみないと分からない問題も多く出てきます。それらの難しい部分をフォローしてくれる体制があるのと無いのでは、随分違います。

同じFC仲間の失敗ケース等も参考になる事が多いので、聞く機会の有無はしっかり確認しておいた方が良いです。

 

スーパーバイザーがいるかについて

勉強会だけでは分からない問題を相談出来るスーパーバイザーが付いてくれるFCや、コンサルがあります。保育園を運営していれば、具体的に困る出来事が幾つも起きる物です。

職員の待遇の相談や、保護者のクレーム対処、配慮が必要な子供が出た等そういった事は多く出てきます。そんな時に、勉強会を待つまでも無く、実動部隊として本部から相談員がやって来る様な制度がある所があります。

多くの場合、その時に派遣されてくるのは保育関係の経営や実働のスペシャリストです。実際の組織が動き出した後の不安に保険を掛けておきたい等という部分があるのでしたら、そういうスーパーバイザーの派遣制度がある所を選ぶのをお勧めします。

スーパーバイザーにも色々な種類があり、完全に中立で助言や一時的な技術指導を前提にしている様なパターンもあります。他にも本部と実質的に繋がっており、必要な人員等を手配してくれる等、権限がある様なタイプ等もあり、その辺りは事前に良く調べておく必要があります。

人間関係として、相性が合わない場合には、他のスーパーバイザーに変更できる等の選択制度があると理想的です。

 

人材募集等のサポートについて

保育園を開く場合には、人材募集をする必要があります。場合によっては建物も作っていかなければなりません。企業内保育園等で、小規模に行っていく場合にはコンサルを探すにしても、最小限の助言をくれる所で十分な場合があります。ですが、一定以上の規模の物を作るとなると、業界の事を熟知した人に人材の選抜に入ってほしい部分も増えて来ます。

建物の方でも、保育園を開く場合の基準がありますので、申請等に手間取る事が考えられます。ですので、必要に応じてその部分を代行してくれる会社に依頼をするのも1つの方法です。

ただ、メリットとデメリットが出て来る事の考慮も必要です。メリットとしては、難しい部分を代行してくれるFCやコンサルでしたら、信頼出来る場合には全て任せてしまえるという事があげられます。ですが、意思疎通の方で失敗があると、自分が思っていた物とは全く違う、ミスマッチの物を作られてしまうリスク等も出てきます。

本部からの介入の度合が、自分にとって合わない場合等には、色々とキツイ面も出て来る事が有り得ます。 まずは、どの程度の規模の物を、どういった目的で運営したいのかという事を明確化し、その上で依頼をするのかを決めるのが重要になってきます。

 

実績があるか否かについて

補助金の申請や、建物の建築に人材募集から資金問題まで難しい面は多くあります。子供が実際に受けるカリキュラムに関しても配慮が必要です。幼児期は人間の基礎的な部分が出来る時期ですので、即座に結果を出す事を目指す様な大人の方式では適さない部分が多くあります。

時間をかけ、ゆっくりと本人の個性や良い部分が伸びて行く様に考えていかなければならない所があるという事です。ですので、その為にはしっかりと経験を積み、技術も持った良いコンサルに仕事を受けてもらう必要が出てきます。その上で経営の問題も随時解決していく事になりますので難度は高いです。

実績が無く、新規参入の業者では対応しきれない部分が出てきますので、開業を考えて、コンサルやFC関係を探す場合には最低条件として実績が確認出来るにする事をお勧めします。子供以外に保護者のニーズ等も相応に出て来ますし、それも多種多様になっています。

対応した経験が少ない所だと、コンサルとしては、役に立たなかった等という事も考えられます。 中には、実績を積んだ運営者が新しく立ち上げたコンサル等という場合もありますので、組織自体という意味では実績が無いという場合もあります。ですので、必須という事でも無いのですが、自分の目的とも合わせてみて、熟考した方が良い部分です。

 

どういった目的で保育園FCをやり、その為にどういう機能を持ったコンサルを探すのかを、よく考えておく事が大前提という事です。メリットとデメリットを考えつつ、しっかり調べて選抜すれば相応の物が見つかると思われます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧