おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルと作る経営計画が大切である理由

公開日:2019/04/12  

日本では慢性的に保育園不足であることが課題で、新たな事業として参加するには保育園FC(フランチャイズ)の方法があります。

ただし、小さな子どもを預かる大切な事業を運営するには、ノウハウを持っていることが不可欠なので、コンサルタントと契約することで事業に参加しやすくなります。

 

ノウハウを学んで経営の安定化を図れる

保育園は国から助成金などの補助が受けられますし、運営するにあたって資格が必要でもないので興味を持っている人もいるでしょう。しかし、保育事業に関しての知識が全く無ければ利益を上げられないために、安定した運営を行うことは難しいです。

保育の分野は信用が重要なので、問題が起きると経営を続けられなくなります。保育園FCならばロイヤリティー料金を支払ったとしても、最初から信用を得た状態で始められる点がメリットです。

専門のコンサルを付けて運営計画を作ることで、信頼度の高い保育園経営を行えます。経営の安定化は最も大切な問題で、保育園FCの運営に携わった経験のあるコンサルタントと契約することでノウハウを学べます。

初めからコンサルと共に運営計画を考えることが大切で、1度入園した園児は2、3年は在籍するために、経営戦略を立てることが重要です。園児への保育サービスの信頼が高かったり、満足してもらえたならば兄弟、姉妹も入園する可能性もあります。

保育園FCに参加して地域の信頼を得ることができれば、口コミで良い評判が広がります。運営計画を立ててから始めることが重要な理由は、経営を安定化させて十分な利益を上げて、保育園を長く継続させる点にあります。

 

顧客のニーズを満たして利益を確保できる

保育園の経営は初期投資が少なくて済む面がメリットです。他の事業と比較して少ない費用で開始できるにも関わらず、利益率が高いです。

新規に事業に参加する場合にはノウハウを持つコンサルと契約したほうが安全な経営ができます。

保育事業を始めるには物件が必要ですが、その他に大型の設備が無ければできないということはありません。それだけに運営計画が大切で、顧客の獲得方法を考えておく必要があります。

経験のあるコンサルと一緒に計画を立てれば、園児を獲得するアドバイスを貰えるために、開園してから短い期間で経営を軌道に乗せることが可能です。

一般的な1か月ごとの契約の他にも、様々なニーズが生まれている分野なので、顧客のニーズを満たす的確な判断を行いやすくなります。現在は一時預かりのニーズも高まっており、月預かりよりも利益率が高いです。

コンサルを付けておくことで、顧客のニーズを満たす助言が得られますので利益率の確保に貢献してくれます。どのような運営方針で進めていくのか計画を考えておけば、スタート時点から顧客を獲得できます。

 

トラブルが起きた場合の対処法を準備できる

保育事業のコンサルならば、専門的な知識を持っているので、運営計画を1人で立てることができない場合でもアドバイスを受けられます。大規模な保育園FCよりも小規模のほうがサポートを受けやすくなりますし、経営上のリスクを回避できます。

保育の分野は園児を獲得して経営を安定化させること以外にも、様々な問題が起きやすい分野です。子どもたち同士や保護者との問題や、保育士の確保など次々と問題を抱える可能性がある点がコンサルと共に運営計画を立てておくべき理由の1つです。

問題が発生した時ごとの解決方法を予め助言してもらっておくと、実際にトラブルが起きたときに対処が簡単になります。どのような問題が起きる可能性があるのか把握しておかなければ、自力では解決が難しいことも十分に考えられます。

また、現実的にトラブルが起きたときにコンサルと契約しておけば、カウンセリングを受けて解決方法を見つけることが可能です。カウンセリングではじっくりと話し合いをして問題に対処することが大事なので、担当者と相性が良いかどうかも確認しておきましょう。

 

起こりうるリスクを事前に把握できる

独自の保育園を経営するよりも、保育園FCのほうがスムーズに事業を開始できます。コンサルが居れば知識とスキルが期待できますし、保育事業は子どもに関する事業なので責任が大きいです。

子どもはいつ怪我をするかわかりませんし、急に病気になる場合もあります。重大なトラブルが起きたときにスムーズに対応できなければ、信用問題につながります。

コンサルはそのような事態に備えて、子どもの安全の確保や突発的に発生した子どものケガや病気の対応方法をアドバイスできます。子どもの安全面を考えて、リスクを回避するためにも運営計画を練っておくことが大切です。

保護者のニーズごとに、環境を整備しなければならないことも多いです。円滑に運営を継続するには、第三者的な立場からサポートを得ることで、自力では生み出せない発想で計画を立てることができます。

いくつもの保育園FCをサポートしてきたコンサルならば、的確な判断の下で計画を立てられる点がメリットです。ゼロから事業を始めていくわけですので、どのようなリスクがあるのか事前に聞いておくと役立ちます。

 

FCならではのデータを活用できる

事業を成功に導くにはマーケティング戦略を無視することは不可能です。保育園FCとコンサルの力によって事前に市場調査が行われますし、徹底的にマーケティングをした地域で営業できます。

フランチャイズならではのマーケティングによるデータを活用して、運営計画を立てるために今までに実績を残してきたノウハウを元に事業開始までの準備を行えます。徹底した戦略を駆使して園児の確保に努めることや、地域ごとにおける保育園の規模や始めてから何か月程度で定員になるかの計算が可能です。

独自の経営とは規模の違うデータを元に営業できますし、利益が下がった場合のサポート体制も万全です。実勢が豊富な保育園FCならば、開始初月に定員に到達することも夢ではありません。

フランチャイズの他の保育園の運営状況を参考にしたアドバイスも行われるために、精神的に安心して事業に参加できます。FC経営ならば営業予定の地域の状況に詳しく、強力なサポートがありますし、その後も定期的に訪問して状況の確認をしてもらえます。

相談したいことがあれば、質問できる体制が整っているので安心です。

 

助成金や認可が受けやすくなる

認可保育園のFCならば、助成金を得ることが可能です。しかし、保育園事業の助成金制度は、自治体ごとに条件が異なっている点が特徴です。

認可を得るには規模の大きさに関係なく、国による児童福祉施設最低基準があります。各自治体が決めた一定の基準を満たすことが助成金を受けるための条件で、認可を取得する必要もあります。

施設の設置に関して地元の許可を得なければならないケースもあり、自力の営業では取得が難しいと言えます。国や自治体からの認可を得るには、条件を満たすためのノウハウが不可欠で、開始前からの運営計画がカギとなります。

多くの保育園の経営を手掛けてきたフランチャイズグループならば、認可を得るための計画を綿密に考えています。助成金や認証を取得した実績の多い保育園FCを選ぶほうが、経営者として利点が多いです。

認証の取得は利益を安定化させるためにも大切なポイントになるので、豊富な経験があるフランチャイズグループに参加しましょう。コンサルが居れば、各自治体ごとの条件を把握できていますし、事前に認証取得のための条件を満たした状態で開園できます。

 

保育園FCは豊富な経営実績がありますし、利益を安定化させることや問題の解決のためにアドバイスを行えます。初めて保育事業に参入する人でも、助成金や認可が受けやすくすることなどが運営計画を作る大切な理由です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧