おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサル業者の探し方の注意点

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/06/12

待機児童問題などにより施設数の増加が求められている保育園は、ニーズがあるからと言って開園するだけでは不十分で、保育の質の高さやサービスの良さなどの魅力がしっかりと備わっていることが大切です。

そのため保育園の開業や経営で頼りになる保育園FC・コンサル業者を探す場合は、内容や実績などを比較してから選ぶことが大切です。

 

保育園児を集めるノウハウがあるか

保育園経営に特化している保育園FC・コンサルは、たくさんあります。それぞれがこれまで培ってきたノウハウを生かして、少しでも円滑に経営できるようにサポートしてくれますが、園児を集めるノウハウがあるかを見極める事はとても重要です。

経営する上で、集客率が高いということは大変重要なポイントで、保育園FC・コンサル探しでは、それぞれの会社の園児の集客率を比較することをおすすめします。 保育園でトライアルを実施して園児を集めることができる手法を独自で開発している会社もあり、ノウハウを知ることができるのは大きなメリットです。

実績がある会社の集客ノウハウを受け継ぐことで、黒字経営につながります。待機児童の問題が叫ばれているといっても、保護者は空きがあるからと子供を預ける訳ではありません。いろいろな保育園に見学に行ったり、情報を集めたりしながら自分の子どもに合う保育園を選んでいるのです。

経験がない経営者が、待機児童が多い地域を選んで保育園を開園したからと言って、すぐに園児が集まるという訳では無いので、園児集客のノウハウを学ぶことができる会社を選ぶことが必要となります。

 

経営サポートや独立支援が充実しているか

保育園経営をゼロから始める人にとっては、単に経営のノウハウを提供してもらうだけは不十分で、経営支援そのものを提供している保育園FC・コンサルを選ぶことが重要です。

特にフランチャイズの場合には、ロイヤリティによって経営が左右されるため、しっかりとした経営計画を一緒に考えてくれて、専門的なノウハウで黒字経営になるようなサポートがあることは確かめるべきポイントです。フランチャイズ経営でノウハウを学び、独立したいときにの支援があることもチェックしておきましょう。

まずは経営サポートが充実しており、黒字経営を維持できている実績があるかどうかを確かめ、独立した保育園があるかもチェックしておくことをおすすめします。独立支援をしている会社は、フランチャイズであっても自由な経営や運営方針を柔軟にサポートしていることが多く、コンサルであっても、多方面から経営をサポートするとともに継続的に経営を支援するサービスが充実していることが重要です。

独立することで、収益率が高まり経営を安定させる要素になるので、将来的な独立も視野に入れながら保育園FC・コンサル業者探しをすることをおすすめします。

 

助成金制度や保育園に関わる法律に詳しいか

保育園は、認可を受けることができると助成金制度を利用することができるようになります。保育士の雇用や経営にまつわる法律などに詳しく、認可を受けたい場合には、認可の条件から申請などの手続きについても熟知している会社を選ぶことが大切です。

訪問での面談も勿論ですが、電話やメールでいつでも相談ができると、空いている時間に気兼ねなくアドバイスしてもらうことができ、分からないことがあった場合やすぐに修正が必要な場面で、立て直しのための手立てを講じることができます。

助成金制度についても、助成金を受けるためには、認可されることだけでなく、申請などが必要です。不足なく書類をそろえたり、作成したりすることは経営が初めての人にとっては不安が大きい物なので、助成金制度や法律に詳しく、保育園立ち上げや助成金制度の利用などの実績がある会社選びをすることで、的確にサポートしてもらうことができます。

円滑な保育園経営には、プロのアドバイスやサポートが必要不可欠なので、必要なアドバイスやサポートができる会社探しをしましょう。

 

保育園の種類に合わせたサポートができるか

保育園といっても、種類はひとつだけではなく認可保育園や認可外保育園、夜間保育園などたくさんの種類があります。保育園の形態によって開業の条件や運営の仕方なども違ってくるので、それぞれの種類に合わせたノウハウを持っており、サポートができることが必要です。

認可保育園は、国が定める基準をクリアすることが必要で、公費によって運営されるため保育料が比較的安く、園児を集めやすい傾向がありますが、運営の方法が細かく規定されており、規定に沿った運営が求められます。

認可外保育園は、国の定める基準を満たしていない施設で、公費の補助はありませんが、運営の方法に対する規制が認可保育園とてゆるいので、多延にはないオリジナリティを出すことができるという特徴があります。認可外だからこそ打ち出すことができるサービスをアピールしていくことが必要です。

また夜間保育園は、夜間の保育を取り扱う施設で、専用の基準を満たすことで11時から22時までの保育が可能になっています。夜間保育のニーズは年々高まっていますが、サービスを提供している認可保育園は全国的にも少ないという現状があります。

自分が経営したい保育園の種類に合わせたサポート実績が豊富な保育園FC・コンサル選びをすることで、開園から運営まで安心してサポートを受けることができます。

 

経費削減のノウハウがあることも重要

保育園経営をするときに、必ず必要になるのが経費削減のノウハウです。保育士などの給与や福利厚生費などの人件費はもちろんですが、他にも園児募集や保育士募集などにかかる広告費、園舎や土地の取得費や賃料などがかかります。

実際に保育園を運営していく上では、おもちゃや工作の材料や薬品などの消耗品費、水道光熱費や保険料などが必要です。初期費用として掛かる建設や内装、採用と園児募集にかかる費用などは、お金を掛けなければならない物ですが、かかりすぎると開園にこぎつけることができなくなってしまったり、赤字を解消するまでの期間が長くなったりするため、コスト意識を持つことはとても重要です。

むやみに経費を節約して、保育環境が悪くなったり、保育の質が低下したりすると集客に結び付かないため、必要なところにはしっかりと経費をかけて、削減できるところは削減していくためのノウハウが必要になります。保育園FC・コンサルを選ぶ時には、経営事例を明らかにしており、実際に開園している保育園の経費のやりくりを確かめることが注意点です。

 

保育園を開業するなら保育園FC・コンサル探しから

保育園の経営に乗り出したいけれども知識や経験がないという場合に、開業から運営、経営などをサポートしてくれるのが保育園FC・コンサルです。詳しい法制度などの知識がなければ分からない設置基準や資格、申請などについて詳しく、きめ細やかにサポートすることができる会社選びをすることが、経営を左右する大きな要因になります。

また、開業資金の調達や土地探し、補助金の申請についても専門的な知識やネットワーク、実績がある会社を選ぶようにしましょう。保育園FC・コンサル探しをするときには、実績などを公開している会社の情報を集め、実際に面談をしてみることをおすすめします。

保育園開業のメリットなどを聞くことができるのですが、デメリットやリスクなども具体的にわかりやすく、詳細に話してくれる会社を選ぶようにしましょう。オーナーのセミナーや保育士の研修など経営の質や保育の質を高めるサポートが充実していることもポイントです。園児を預かるためには、経営はもちろん保育士の専門性やサービス力も園の魅力として重要なポイントです。

 

保育園FC・コンサル探しをするときの注意点は、自分が開園したい種類の保育園のノウハウがあり、サポートが充実していることです。経営や運営に必要なノウハウを持っているか、ポイントにそって比較してから選ぶことをおすすめします。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧