おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

コンサル会社に進められた保育園FCを導入するメリットとは?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/16

保育園を運営したいと考えている人の中には、何から始めれば良いのかが分からないという人も少なくありません。

そのようなときにはコンサルティング会社に相談するのが良い方法になります。

 

 

コンサルタントとフランチャイズのどちらにも対応している

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCを取り入れるメリットに挙げられるのは、コンサルタントとフランチャイズのどちらの事業も行っていることです。たくさんの保育園FCがある中で、どちらにも対応しているところは非常に少ないと言えます。

どうしてこういった体制がとれていることが優れているかというとどちらのメリットも取り入れて、その上でデメリットを補い合うことが可能だからです。

保育園FCのデメリットはオリジナリティがある保育園を提供しにくいということで、コンサルタントのデメリットは開園した後の支援が足りないということになります。しかし、これらのデメリットをメリットにすることが可能です。

例えば保育園FCで培ってきた丁寧な支援力とノウハウとを活用して、オーナー独自の教育方針を掲げた保育園のコンサルタントしてもらうことも出来ます。なので、初めて保育園の事業を行うため経営についてのノウハウなど、知らないことがたくさんあり困っている状況の中でも自由な経営方針の保育園を運営したいという人に非常に適していると言えるのです。

 

園児を集めてくるノウハウが豊富であることが多い

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCは、フランチャイズとコンサルティングのどちらか1つを選んだとしてもサービス内容が非常に充実しているので、とても頼りになります。

保育園の運営をスムーズに進めていくための準備として、園児をたくさん集めることは非常に大切なことです。開園した時点で園児が必要な人数分だけ集まっていると、安定した収益を得られる経営を見込むことが出来ます。

集まる人数は集客するための手段や開園するエリアが大きな影響を与えるので、その分野に特化している保育園FCを選ぶことが重要です。

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCは、中でも園児を集客する方法とマーケティングに力を入れています。会社の代表者がマーケティングの経験があると、オリジナリティがあり専門的な方法でマーケティングを行い開園する地域を選んでもらうことが可能です。

またコネクションを利用して、非常に適している不動産物件を探してもらうことが可能なので、開園する場所を安心して任せることが出来ます。

 

不動産物件選びから研修まで幅広いサポートを受けられる

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCは、園児を集める独自な方法も加盟保育園や直営保育園などで確実な実績をあげていることが多いです。

例えば保育園が開園する前に、定員の3分の2以上の園児を集客することが出来たという事例もあります。その上に開園した最初の1ヶ月間以内に定員に達した事例もあるので、非常に機動力や集客力が高いと言うことが可能です。このように事例を具体的に挙げていると非常に信頼することが出来ます。

保育園の開業や運営を支援してくれる保育園FCを利用する大きなメリットとして挙げられるのは、不動産物件を選ぶことから施設を設計すること、園長や保育士の研修まで細かく幅広い支援を受けることが出来ることです。全てを自分一人で行うためには専門知識を身につけること必要ですし、かなり障害が多いと言えます。

それらの問題を、すでに経験や実績が豊富な保育園FCにサポートしてもらえる訳なので上手に活用した方が早く安定した運営をすることに繋げることが可能です。

フランチャイズの方が一般的には開業した後に、サポートを継続的に行ってくれるイメージがあります。しかしコンサルティング会社でも無料で継続的に相談に応じてくれる場合や、認可保育園に移行するサポートを行ってくれるところもあるので確認するのが良い方法です。

 

フランチャイズ方式では本部とオーナーの信頼関係が重要

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCは、認可保育園に拠出される助成金など資金を運用することについての申請作業を代行してくれたりアドバイスしてくれるところもあるので助かります。

資金運用に関する知識が身についていないと、無駄な出費をしていたり損害を被ってしまう場合もあるので初めて経営を行う人にとって有り難いサービスとなります。そして手間がかかる手続きを代行してもらうと、保育園の質を高めることに安心して注力することが出来ます。

フランチャイズ方式で日本全国に店舗を展開していくビジネスモデルは、認知度が高い飲食店やコンビニエンスストアが台頭することで一般人にも認知されるようになりました。その分野での経験がなくても、独立して会社を開業して新規参入をしたいという人も増えてきています。

このビジネスモデルは、本部とオーナーの信頼関係が欠かせないので注意が必要です。これから密接に関わりあっていく大切なビジネスパートナーを選ぶことになるので、個人事業主になる自覚をしっかりと持って会社を選ぶ必要があります。

 

小規模認可保育園を開設するサポートもしてくれる

保育園を設計するときには厳しい基準があり一般的なオフィスなどを改装するのとは異なり注意する必要がある事柄が、たくさんあります。コンサルティング会社におすすめされた保育園FCであれば安全で子供が過ごしやすく環境や、保育士が活き活きと働ける環境を整えることに配慮することが出来るのです。専門知識が豊富な一級建築士や設計士に依頼することが出来るので、安心することが出来ます。

近頃は、政府が待機児童を無くす対策のために作成した制度により19人以下の園児の小さな規模の認可保育園が注目を集めています。開園するのに必要となる園児数が認可保育園よりも少なく、およそ4ヶ月から5ヶ月ぐらいで開設することが可能なので開園しやすくなっているのです。

政府に認可されているので補助金をもらうことも可能ですので保育事業に新規で参入したい人にとっても、おすすめになります。小さい規模で運営することが可能なため、園児1人1人に対して気を配ることができ、園児それぞれの個性に合わせた保育をすることが可能です。運営しやすい規模の小さな認可保育園を開設する支援も行ってくれることが多いので、簡単に利用することが出来ます。

 

開園後も充分な支援を受けることが可能

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCは、集客力やマーケティング力が高いため黒字経営を期待することが可能です。保育所には認可外のところと認可保育園がありますが、どのように運営していきたいのかにより一層適している形態を選ぶのが良い方法になります。

保育園をフランチャイズで運用するメリットは、丁寧な支援を受けることが出来ることです。フランチャイズは制約される事柄が多いことがデメリットですが開園してからも充分なサポートを受けることが出来ます。

気になる保育施設をフランチャイズで運用するロイヤリティは月額で、およそ3万円から8万円ぐらいが相場です。本部を選ぶときには、規模の小さな認可保育園を開設することを支援してくれる会社や施設を設計することに気を配ることが出来る会社を選ぶのがポイントになります。

保育事業は、将来を担っている子供を育むための非常に責任がある事業です。子供の生命を預かっているという自覚をして社会に貢献することが可能な方が携わる必要があります。収益のことを考えることも重要ですが、園児のことを最優先に考慮した経営に尽力することが必要です。

 

コンサルティング会社におすすめされた保育園FCは保育園の厳しい基準を満たした設計から開園してからの運営のサポートに至るまで、きめの細かいサービスを提供してくれます。ですので、保育園を運営したことがない初心者でも開業することが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧