おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを利用して経営の立て直しをするために重要なこととは

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/03

経営の立て直しを考えるに辺り、コンサルや保育園FCを使うという方法があります。ただその時に何処から手を付けて良いのか分からないということは少なくありません。

ここでは外してはいけない重要ポイントについて述べて行きます。

 

マーケティングを重要視しているか

経営の立て直しが必要な場合、まず周辺のデータを確認してみる必要があります。例えば周辺に同業他社が多数居る様な場所で、彼らとターゲット層も被っているというのでしたら別の層を探した方が良い場合も出て来ます。

他にも、昔は周囲に子供が沢山居たけど、少子高齢化で相当に減っている等、そういう地域データも経営にはとても重要です。保護者のニーズも、時代と共に相当に変化していくものです。そういったデータを集めて、次に自分達の現在使える資金や人材の余力等を考慮し、実現可能な建て直し案を考えていくのが第1歩となります。

ですので、コンサルや保育園FCを使うというのでしたら、マーケティングを重視している所を選択する事をお勧めします。資料を確認する時にも、まず見ておかなければいけないポイントになります。保育は子供の成長や保護者の安心を考えて行かなければならない面があります。

ただ、園を経営するには、黒字を目指す必要が出て来ます。その為には一般企業が行う様に正確なデーターを集めて、それに基づいて次の行動を決めていった方が効率良いという事です。

 

しっかりした保育園FCなのか

FCになるという事は運営母体が後に付くという事です。本部に名前を使わせてもらう代わりに、各種の技術指導やノウハウの提供をして貰える様になる事は大きいメリットですが、デメリット部分も無い訳ではありません。

例えば運営母体の経営が危ない所のFCになってしまった場合、母体の経営状況や混乱の影響を受けるリスクが出て来ます。他にも保育園は子供の発達や保護者へ配慮しつつも、同時にしっかりした利益追求も同時進行で行っていく難度の高い所があります。

つまり多くのノウハウが必要な部分があり、それらの蓄積が無いと色々回らなくなってしまう部分があるという事です。そういった事を考慮するなら、相談を持ち掛ける場合は実績が出ている保育園FCやコンサルを選択する事をお勧めします。

人気がある所を確認する限りでは、最低でも10年以上の稼働実績があったり、教育関係に深い繋がりがある様な所が多いです。組織に実績が無いという場合等でしたら、代表者が他団体で実績を出した上で独立した等という様な物をそれと見なす事が出来ます。ネットや資料等で実績を確認出来る様になっているケースが多いですので、調べておく事をお勧めします。

 

資金に合わせた複数のプランを提示してくれるのか

組織の立て直しの第1歩はマーケティングです。周辺の需要を調べて、1番利益が出そうな部分でプランを考えていく事が基本になります。ただ、大前提として資金や人材、利用可能な資源等が不足している場合には良いプランでも却下するしかありません。

その辺りがクリア出来ていたとしても、他に悪影響が出てしまう様な大きい無理があるプランも避けた方が無難です。そういった事を考慮するなら、資金状況に合った複数のプランを提示してくれる様なコンサルや、保育園FCに相談出来るのが1番理想的です。複数のプランが提示出来るという事は、その規模のFCを運営した経験があるとも見なせます。

つまり、そこで起きたトラブル等の対応実績やノウハウもあるという事ですので、自分の保育園を立て直す場合にも参考にする事が出来ます。あとは出来れば、定期的にアドバイザーが来てくれる様なサポート制度がある所を探す事をお勧めします。

完全中立型でビジネスの助言に徹するだけという様なコンサル等もありますが、プランを実行した後に起きる出来事についても、格安だったり、無料で相談に乗ってくれる様な所もあります。問題が起きた時に即相談出来る人がいるのは心強い物があります。

 

勉強会等のサポート制度とは?

保育園FCやコンサルは多くの場合、セミナー等の勉強会を色々開いています。一部の例外を除くと殆どの人に企業の運営経験はありません。

運営経験がある場合であっても保育園業界には他とは違うコツがいる部分が多いですし、制度が変わる様な事もあります。そういった部分をフォローする為の勉強会です。この勉強会制度の内容等もしっかり調べておいた方が良いポイントです。

他の参加者と違い、保育園を立て直す事を考えているわけですので、経営経験等は一定の量ある形でのスタートになります。ただ、大手のFCが蓄積して来たノウハウは自分だけでは分からなかった部分も相当にあるものですし、他のFC経営者と情報を共有する事等も出来ます。

新しい制度等に付いても、定期勉強会で説明される事も多いですので、場合によっては自分で調べるよりもずっと分かりやすい事もあります。自分の所ではまだ起きていない問題の報告を聞ける事等も、問題を事前に予防する為にはとても意味があるものです。

此処で人脈を作っておけば、本部のアドバイザー以外にも困った時に相談出来る相手が増える事にもなります。そういった機会は利用しない手はありません。

 

保育園FC毎のサポート制度を把握する

保育園FCやコンサルのサポート制度は色々あります。勉強会やアドバイザーの定期訪問等は共通している事が多いですが、それでも詳細は色々違うものです。建物の建築の助言や、ノウハウの一部アシストはしてくれるけど実質的な部分は全て此方がやっていかなければならないという事もあります。

他にも人材募集から講師の手配に、建物の建築まで実質的に全てを代行してくれるというケースも出ます。経営を立て直す場合に保育園FCやコンサルを使うというのでしたら、こういったサポート制度をどう使うかという事等も重要になって来ます。

場合によっては運営を代行して貰うのが良い場合もあります。そこまで行かないまでも、大手のアドバイザーに来訪して貰い、問題点チェックでクリア出来る様な事も考えられます。保育園が上手く運営出来なくなる原因で、1番大きいのは子供が定員に満たない事です。

ですが、それ以外の面でも、保護者のニーズやクレームが多かった点を確認しておく事やスタッフの意見を聞いてみる事等は出来ます。その辺りをまとめながら、相談業者を選択すると効率がとても良くなります。

 

子供に負担が掛からない方向で考える

保育園FCにも色々な方針があります。小学校受験等を意識した様な方向のものから、情緒面の発達を考えた方向に強い所までそれぞれの特徴があるものです。経営を立て直す場合には、今までの方針と大きく変わったFC等では子供に影響が出る事等も考えておく必要があります。

幼児期の子供は人間の基礎を作っている段階ですので、単純に合理化や効率化と言った面で見てしまうと色々問題が出てしまいます。各FCとも幼児関係のプロですので、その辺りの難しさも熟知している物ですが、それでも方針が違うと色々変わる部分も増えて来ます。

保護者の目で見るにしても、急激な方針の変換等があったら、かなりの戸惑いが出て来るものです。人気があり、実績がある所は良い物を作っている事は間違いありません。ですが子供の目で見た場合や、今までの方針との不一致があった場合は避けた方が良い選択もあるのは考えておくべきポイントです。

スタッフへの負担という意味でも、急激なスケジュール変更は大きく響いて来ます。短期的には利益が上がったとしても、長い目で見た場合スタッフの疲労等はリスク要因となってきますので、その意味でも、方針変更等は注意して行う必要があります。

 

相談先が今までの自分達の方針に近い物が良いという事です。その上で子供と保護者、スタッフに掛かる負担が最小限になる所を選べば間違いはありません。そしてマーケティングや各種のサポート制度をしっかり確認して行けば良い立て直しになるかと思われます。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧