おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FCやコンサルを利用することが経営に良い影響をもたらす訳

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/04/12

保育園を運営する場合には、可能な限り早い段階で黒字にしたいところです。ですが、少子化が叫ばれている現在において、必ずしも保育園を経営すれば黒字になるとは限りません。

そこで2つの対策とその対策が経営に良い影響をもたらす理由を見て来ましょう。

 

保育園FCは初期費用が少なく安心できる

これから保育園をスタートしようと考えている場合には、保育園FCを利用するのも一つの方法になります。保育園FCとはフランチャイズ契約のことでコンビニエンスストアやファミリーレストランと同じようにフランチャイズ展開をしているところです。

オーナーになりたい場合には、そのフランチャイズを展開している業者と契約を結ぶことが必要になります。ですが、契約を結んだことがない人にとってはいったいどのような影響があるのか、果たしておすすめなのか気になるところです。

まず、会社を立ち上げる場合でも同じですが、保育園をスタートするときは設備や備品を用意したり場所を確保する必要がありますので、それなりにお金がかかってしまうものです。場所の確保の面で様々な条件を知る必要がありますが、これらはすべてフランチャイザーの方で無駄のない情報をくれますので、時間的な負担が少なくなるだけでなく、初期費用を少なくすることが可能になります。

予算が少ない場合には、その相談をすることで予算に合わせた場所の確保を考えてくれるでしょう。これにより、初期の段階から安心できます。

 

大きな設備投資も必要なくリスクも少ない

保育園のスタートするに当たり大きな負担になるのが、スタートしてからの設備投資になります。初めて経験するならば、実際に初期費用を支払ってスタートしようと思ったけども実は知らないことばかりで準備不足になってしまったようなことも考えられるわけです。

そうすると、後から次々と施設や備品などを購入しなければならなくなり、結果的にそれなりの金額になってしまうことが多いです。すると、不満を感じた保護者が増えてきて、保育園の運営自体にも影響を与える可能性も否定できません。

ですが保育園FCに加入する場合には、そもそもそのような失敗事例などもたくさん経験してきているフランチャイズの会社が行っていますので、わざわざ最初からそのような失敗をするやり方はしません。それよりも今までの成功事例から考えて必ず必要なものや、揃えておくべき必要最低限のものの説明をします。

その通りに準備できれば、初期の段階で不足するものはあまりないといってよいでしょう。最初に一括して購入した方が、計画が立てやすいうえに金銭的な負担も小さくなるためメリットは大きいです。結果的に保育にも良い影響を及ぼすでしょう。

 

マニュアルがあるため自分たちで作らなくてもよい

自分たちで経営する保育園は、すべて1からマニュアルを作らなければなりません。当然、自分たちで作れば思った通りのやり方で経営することができます。

そうだとすれば、非常に精神的には楽ですが自分たちが考えているやり方が世間一般に通用するかどうかは別になります。「このやり方ならばたくさんの生徒が入って長く通い続けてくれる」と判断しても、実際には素人が判断しているのと同じですので良い結果が出ない可能性も高いでしょう。

せっかく時間とお金を使っても無理、無駄になってしまうことも少なくありません。そこで保育園FCを利用すれば、最初からマニュアルがあるため途中で迷うようなことはまずありません。それに加えて、何かわからないところがあれば、直接話しを聞きに行ってもよいわけです。フランチャイザーのほうも、経験豊富ですので様々な話しをしてくれるでしょう。

このように自分たちがわざわざ経験して失敗する前にいろいろな知恵を授けてくれますので、その分個人で行うよりは有利な経営ができるに違いありません。相談料が無料なところも最近は増えてきています。

 

専門のコンサルタント業者を選ぶ

フランチャイズの保育園においては、同時にコンサルタントを利用する方法もあります。その役割は、経営を適正化し赤字だった状況を黒字にするか、今まで黒字だったけどもさらにその黒字を高いところまで持っていくことです。

ただ、すべてのコンサルタントがそこまで力があるわけではありません。そうだとすれば、よりよいコンサル業者を選ぶ必要があるでしょう。

より良いコンサル業者の特徴は、医者と同じようにそれぞれ基本的な部分はどのコンサルタントでもよく理解しているはずです。ですが専門的な分野に関しては、医者に内科や外科として皮膚科などがあるように学習塾専門の会社や保育園専門の会社などがあります。

ちなみに、ある程度大きな業者はいくつもの専門を持っている可能性があるでしょう。そこで選ぶべきは保育園の経営を積極的に経験してきたコンサルタントになります。

たとえ金額が高くても、結果的にリターンのほうが増えていき「頼んでよかった」と感じるものです。当然良い業者といえるためには多くの経験も必要になりますので、事前にどれぐらいの経験があるのかを見ていきましょう。

 

分からない時には気軽に相談することが可能

もしこれからコンサルタントに依頼するときには、必ず質問事項を決めておきましょう。逆に質問事項がなければおかしいと思った方がよいです

最初の段階は、なかなか質問事項が思い浮かばないこともありますが、活動していくうちに少しずつ質問事項が出てきます。トラブルが全くなければよいですが、必ず問題は発生します。

初心者ほど、何か問題が起きた場合の対応策自体が未経験者には不足しているわけです。そんな時は、一人で悩まずに必ず相談をしましょう。

未経験者でも、分かりやすいように説明してくれるコンサルタントを選ぶべきです。気になる相談料金ですが、月額で決まっているようなところもある一方で、別料金になるようなことも少なくありません。おおむね30分当たりいくらのように請求してくることが多くなります。

ただ、パッケージングされた契約内容の中に相談は無制限に行えるといったものもあるため必ずしもお金がかかるとは限りません。 最初の段階で何かと不安な時には、たくさん相談できるように相談が無料でできるパッケージプランなどがあればその契約を選択しておくとよいです。

 

ほかの業種のやり方を応用することが可能になる

保育園FCに加入していれば、様々な相談をすることができますが、コンサルタントを雇っている場合も同じように様々な相談をすることが可能になります。このように2カ所で相談してくれることのメリットは、両方の意見を聞くことができることです。

一人の意見を聞いてそれを最終決定事項にするよりも、二つの意見を聞いて最終的に自己決定した方がより納得がしやすい結果になるでしょう。 コンサルタント特有の魅力があるとすれば、ほかの業種のやり方を応用できる点です。

この点フランチャイズに関して言えば、保育園の内容を深堀していることが得意ですので、ほかの業種のことはあまりよくわかっていません。「狭く深く追い求めること」を保育園FCから学ぶことができます。

ですが、コンサルタントの場合は保育園の業務以外にも学習塾の業務や会社経営のコンサルタントなども同時に行っているところは少なくありません。つまり「広く浅く」の知識を提供してくれます。

ある程度規模が大きい会社ならば、たいていの分野で専門家を抱えているものです。 この時、専門外の分野で成功した事例の中で、保育の経営に応用できるものがあれば教えてもらうといいです。他の保育園ではなかなかそこまで考えていませんので、一人勝ちできるでしょう。

 

保育園を経営するとき、保育園FCとコンサルタントの両方を使うと様々なメリットがあります。保育園FCの方では、初期費用が安くなることや事業を継続していくときの費用を可能な限り少なく提案してくれます。それに加えて、相談も無料でできるところも珍しくありません。

フランチャイズの場合は、たくさんの園児が集まってくる指導方法を説明してくれることに加え、専門外の話しを聞くこともできるため非常にお得です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧