おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサル会社は開園後もフォローしてくれる?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/01

保育園FCで契約をする場合、さまざまな不安があるかもしれません。実際に、経験してみなければわからないことかもしれませんが、漠然とした不安があり、なかなか契約にまで結びつかないこともあります。

もし、コンサルの方で開園後にフォローを入れてくれるならばうまくいく可能性もあるかもしれません。

たくさん投資しすぎて赤字になってしまった場合

保育園FCといえども、ある程度本部の方でしっかり見てくれていますが、100パーセント本部が管理しているとは言い切れない部分もあります。本部といえども、自社の売り上げを考えながらフランチャイジーと付き合うことになります。

そのため、もしフランチャイジーの方で投資が可能ならば投資などの話も積極的にするでしょう。このときフランチャイジーとしては、うまくいっている場合ならば投資の話にのってくることがあります。

ただ気をつけておきたいのは、最終的な判断は本部であるフランチャイザーの方ではなくフランチャイジーつまりオーナーの方になります。フランチャイザーはフランチャイジーの所有している金銭まで把握していないため、とりあえず提案をしてくるものの、相手が無理をして投資をしているかどうかまでは判断がつきません。

もし、さらに規模を拡大しようと無理して投資をしてしまい、赤字になってしまった場合いったいどのようになるでしょうか。これに関しては、十分なフォローしてくれる可能性はあるでしょう。

なぜなら、フランチャイザーとしても可能な限りフランチャイジーには頑張ってもらい規模を広げてもらいたいからです。どのようなアドバイスをしてくれるかといえば、例えば会計に関する専門的なアドバイスをしてくることもあるでしょう。

多くの経営者は、お金をもうけることに関心がありますが、出ていくお金にはそれほど関心を払っていない可能性があります。もちろん初期のころならば、出ていくお金に関しても関心を持っているかもしれません。

しかしながら、ある程度売り上げが伸びてきた場合つまり上り調子の場合は財布のひもが緩くなってしまい、余計な投資までしてしまうことがあります。このとき、意識はしていないけども赤字になってしまい経営が難しくなることも考えられるわけです。

もし、出ていくお金が多く経営不振になるほど赤字の場合には、フランチャイジーは積極的に本部に対して相談をすると良いでしょう。生き残るための妥当なヒントを教えてくれる可能性があります。

また、保育園FCとして長く経営していると、柔軟性をなくしてしまうことも考えられます。時代は少しずつ変化していきますので、柔軟性をなくしてしまうといつの間にか時代についていけなくなる可能性があります。

特に、ある程度売り上げが伸びてくると現状に満足してしまいそれ以上に伸び悩むことが考えられるわけです。このようなときも、より拡大してもらうためにコンサルやフランチャイザーの方で積極的なアドバイスをしてくれるでしょう。結果的に、機敏に時代の変化に対応できるようになりより規模を拡大することが可能になります。

人間関係のいざこざが起きた場合のアドバイス

基本的に、保育園FCをする場合には経営者としての能力が問われます。経営者としての能力の一つは、十分にお金を稼ぐことですがそれ以外にも倹約することやうまく園内をまとめ上げることが考えられます。

ところが、人間関係のことであつれきが生じてしまった場合には、不満分子が一派を作りクーデタをおこすようなこともあります。そこまで積極的におこなわないまでも、悪い空気が保育園の中に流れてしまい、次々に園児が辞めてしまうようなことも考えられます。これを防ぐためには、フランチャイザーやコンサルの方で積極的に介入することが必要になります。

ただ、介入するといってもそこまで全面的に介入することはありませんが、少なくとも経営した場合に起こりうる人間関係の問題などを一通り教えてくれる可能性があるでしょう。

実際に、人間関係が悪くなってしまい大赤字になってしまう会社もあり得ます。例えば、親子間で争いがあり娘が親の会社を乗っ取ったパターンがありましたがやはりこのときも大幅に売り上げが伸びていくことになりました。

このように、何らかの争いが起こりうると、空気が悪くなってしまうため早めの問題解決が重要になります。もちろん、問題解決するといっても自分たちだけで解決できるとは限りませんのでコンサルにお願いして仲介してもらうことが必要です。

もしこのような人間関係の問題がなければ、より規模も大きくなり園内にも穏やかな空気が流れるでしょう。特に子供の場合には空気の流れを敏感に感じ取るため子供の表情などを見ていれば現在どのようなことが幼稚園内で起きているかがよくわかるようになります。普段からなるべく争いごと起こさないようにし経営者としての自覚を持つことが重要になるでしょう。

また、物事を決める場合にはしっかり相手の人間と意思疎通しあうことが重要になります。意思疎通がなければ、お互い考えていることが違いクラッチ合わせができなくなってしまいます。

そうすると、同じ保育園内でもトラブルが起きることが十分に考えられます。保護者や園児に対応する方法もおおよそ足並みをそろえておかなければなりません。もしこれができていないようならば、先生によって話す内容が異なり混乱してしまいます。

しかも、足並みがそろっているかどうかは外部からはなかなかわかりにくいものがあります。このような場合には、コンサルが十分にフォローしてくれる可能性があると言えます。

一貫性のないメッセージを送ってしまう場合

教室内の園児や保護者そして講師たちにもそれぞれ何かを伝える場面があります。経営者はこのとき、一貫性のある内容をされていればよいですが、中には一貫性のない内容を伝えてしまうようなことが考えられます。

これが、何かの行事の日時だとしたら結構大きな損失になってしまいかねません。例えば、ある保育園では、すべての学年が同時にお泊まり保育をするとします。

ところが、ある教室では8月1日からお泊まり保育をすることになっており、別の教室では8月2日にお泊まり保育をすることになっている場合です。このようにどちらかに間違いがあると、保護者や園児が混乱してクレームのあらしになってしまうでしょう。

このようなミスを防ぐためには、一人一人が細心の注意を払うことも必要です。ただ、やはり人間がおこなうことですので100パーセント注意したと考えられる場合でも、実は注意力不足に陥っていることがあります。

そこで、コンサルに来てもらい、失敗の要因を追及してもらうことが必要です。このとき、どちらかが日付を間違えているはずですので、日付を間違えないようにダブルチェックをすると良いでしょう。

ダブルチェックとは、1人の人がチェックをしただけでなくもう1人の誰かがその手紙の文面などをチェックしてきます。そうすると、客観的にその分を読むことができ間違いが浮き彫りになってくる可能性があります。

 

保育園FCでは、さまざまな問題が起こることが予想されますが、それらは本部の方でフォローしてくれる可能性が高いです。例えば、売り上げに対して出費が多い場合などです。

このような場合は、どのあたりの出費を削ったらよいかなどをコンサルが明確に教えてくれる可能性があります。

次に、人間関係がこじれている場合です。人間関係がこじれている場合は、多くの生徒がその保育園を辞めてしまう可能性があるため本部に相談して早めに対応してもらうのがよいです。

さらには、一貫性のある内容を述べていない場合、教室ごとに困難が生じます。このときの対策もコンサルの方で教えてくれるため安心して経営ができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧