おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルとの契約から開園までの流れ

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

女性の社会進出や家族の形の変化により、保育園は非常に不足している現状です。ニーズが高い保育園ですが、開園には特に資格要件はありません。

安定的に運営を行う為にFC加盟という方法がありますが、どの様な流れで開園する事ができるのでしょうか。

 

保育園の種類やその特徴はどういったものか

保育園と言っても「認可保育園」と「認可外保育園」があります。それによって国からの助成金が異なるので検討は必要です。当然国から認可されている方が助成金も多く、保護者からの信頼や安心感が高い傾向にあります。

認可の場合は国が定めた基準をクリアしている事が条件になり、さらに私立と公立に分かれています。公立はその名の通り自治体が行い、FC加盟で開設する際は私立になります。

各自治体で民営化が推進されているので、公立よりも私立の方が多いのが現状です。私立の運営母体はNPO法人や社会福祉法人、そして株式会社等が行っています。

無認可は国から認められていない保育園という事ですが、独自の保育方針で運営する事ができます。認可されている保育園の様に補助金が上乗せされませんが、逆に縛りもないので自由に習い事ができたり24時間対応等のオプションを設ける事も可能です。

認可保育園の方が質は高いとは言い切れず、その背景には国が定めた最低基準をクリアすれば良い事があります。その施設によって体制や質が異なりますし、無認可でも保護者のニーズを汲み取ったサービスを実施している事も多いです。

玉石混交している現状ですが、それぞれに特徴やデメリット・メリットがあります。

 

フランチャイズに加盟するメリットは

保育園のフランチャイズは俗に保育園FCと表記されており、加盟する事で開設までのコンサル・サポートを受ける事ができます。開設するのに資格要件はありませんので誰でもできますが、素人が作れる程甘くはありません。ノウハウは必ず必要であり、考えなしにニーズがあるからと開園しても潰れる可能性が非常に高いです。

保育園FCに加盟する事で安定的に運営できる下地を作るサポートを受けられます。

加盟する事で開設まで大きく3つのメリットが得られます。 まず重要な資金の面ですが、資金を調達してくれたり準備してくれる事はほぼありません。代わりに助成金の申請方法を教えてくれたり複雑な申請を代行してくれます。資金調達の相談に乗ってくれる事は大きなメリットと言えます。

2つ目に立地調査があり、適した場所を調査してくれます。世間では求められている保育園ですが、実際にできるとなった場合には地域住民への理解が不可欠になります。子供の声がうるさい等の理由で住民が了承してくれない事も多いので、環境立地調査は欠かせません。

3つ目は運営のサポートであり、工事における設備の指導や保育士の募集、広告や人材育成の助言まで幅広くしてくれます。これは開園後も継続してサポートしてくれるので安心です。

 

デメリットも知って検討する事が大切

全ての事には良い面と悪い面があり、当然保育園FCもメリットだけではありません。デメリットを理解してメリットの方が大きい場合決断するのが基本となります。

まず費用についてですが、当然フランチャイズなのでロイヤリティーという利益配分が存在しています。加盟する所により細かく違いますが、収益の全てが自分の物にはならないと言う事です。どんな配分かやいつまで続くのかを調べておく必要があるでしょう。

開業の資金を支援してもらえるイメージは強いですが、助成金等の助言や申請代行はしてくれます。しかしお金を支援してくれる事はほぼありません。つまり開設したい場合は自分で資金を捻出する事も必要です。

加盟すると言う事は、その方針に従う事になり、つまり自分の考えた保育方針や設備、制服等を実現する事は難しいと言えます。オリジナルの保育園を作る事ができませんし、何かオリジナルの事をする場合には本部へ伺いをたてる事が必要です。自由さはありませんがある程度融通は利くので、一概に自分の考えを通せないわけではありません。加盟する所の方針を理解して選ぶ事も重要です。

 

フランチャイズ契約を行うまでの流れ

保育園を開設する為にはまず自治体の担当者に相談する事から始まります。最初から保育園FCの担当者に相談するのも良いのですが、まず検討している場所の自治体について知る事が先決と言えます。

現状や基本的な流れといった基礎知識を得ておくと、フランチャイズ担当者との打ち合わせもスムーズです。 地理の制約や運営する上での基準等を理解してからフランチャイズ担当者に相談します。

いくつか種類があり、ネットで検索する事が現在では一般的になっています。コンタクトを取ると、まず担当者からヒアリングが行われます。その担当者は専属のコンサルタントであり、加盟するメリットやデメリットも詳しくその場で説明を受けられます。

システム面等も理解し、加盟するメリットを見出せたら契約を申し出る事で開園に向けて動き出します。ヒアリングを受けたその場で答えを出す必要はなく、むしろ専属コンサルタントから検討を促されます。なのでヒアリングを他で受けて比較する事も可能です。 そのフランチャイズに加盟して保育園を開設したい意思が固まれば契約し、事業計画等の指導が開始されます。

 

加盟してからすぐに開設というわけではない

フランチャイズに加盟するとすぐに開設に向けて動くわけではありません。まずは加盟する所がこれまで培ってきたノウハウを叩き込まれる事から始まります。 保育園は一大事業であるので、運営方針を学ぶ等の前準備や知識の習得が必要です。これまでのノウハウを教えてもらえるので、開設に向けた不安を払拭できるのが加盟する最大のメリットとも言えます。

そして次に開設する場所を探す事になりますが、その場所の選定もコンサルタントが行ってくれます。前もって資金についても相談しているので、土地の価格や物件等も自身の条件に適している場所を探してくれます。

保育園を開設する際には様々な法律手続きがあり、これを自身で行う事はほぼ不可能と言えます。自身で行う場合には行政書士や司法書士等の法律の専門家に依頼する事になります。しかしフランチャイズ加盟する事で、それらの諸手続きも全てサポートしてくれます。

よい物件や土地が見つかったら契約に入りますが、それも代行してくれたり付き添ってくれます。その後加盟した所の方針に沿った設備等を含めた工事に移行していきます。

 

保育園を開園する上で欠かせないその他の準備

保育園ができても開園する為には様々な準備が必要です。これらの準備は工事と並行して行う事になります。 重要なのは広告やレイアウトであり、それと同じく備品の手配です。広告や園内のレイアウトがないと、人材確保は困難です。

自分で開設しても園長としての知識がなければ運営はできません。園長としての研修を受けて保育についての知識を得ていきます。 工事が完了するまでに保育士の確保が必要であり、募集をかけて面談していきます。

フランチャイズなので方針について雇う保育士にも研修が必要なので早期に行う必要があります。また並行して当然園児の募集もしなければなりません。この様に保育園が完成するまでの期間で様々な準備が必要になります。

それらを一人で行う事は困難ですが、フランチャイズに加盟する事でこれらがスムーズに済む様にサポートを受けられます。 準備が整い開園となった後も、様々なトラブルや分からない事は当然あります。

誰かが勝手に運営してくれるものではありませんので、サポートは受けられますが自身の努力も重要になります。不安な事があればすぐに相談できる体制はフランチャイズ加盟にはできています。

 

保育園を開設する為には様々な事を準備する必要があり、素人では不可能です。また流れや知識を持っていたとしても一人では不可能です。

サポートしてくれる心強い味方が必要であり、その一つが保育園FCです。開園までのサポートだけでなく、安定した運営までサポートしてくれます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧