おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

コンサル会社を検討するなら保育園FCのシステムについても理解しよう

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

保育園は需要のある施設なので商売として成立します。ただ素人がいきなり保育園を開業してもうまく経営できない場合があると言えるでしょう。

こういうときに役立つのがコンサル会社で、保育園FCをするときにサポートをしてくれます。

 

 

フランチャイズの強みとは?

FCはフランチャイズの略でフランチャイザーが加盟店に対して経営のサポートを行ってくれるのがメリットです。フランチャイザーというのはFCの本部を指す言葉で、加盟店はフランチャイズを指します。

保育園のFCを利用するときにも重要な部分なので内容を把握しておくのが安心です。基本的に本部に入り、本部のブランドを使用して営業を行うのがフランチャイズのシステムと言えます。

このとき小売店なら商品の管理システムや仕入れのノウハウなどを教えてくれるのが特徴、また広告などの販促活動などのノウハウを提供してくれます。これにより商売を全くしたことがない人でも気軽に商売をできるのが最大の強みです。

保育園FCならすでに売れている本部の名前を利用できるのがメリットと言えます。集客をするときに知名度で人を集める事ができるので最初から勢いのある経営を行えるでしょう。

また児童の扱い方などのノウハウはすべて本部が教えてくれます。最初から品質の高いサービスを利用者に提供できるのもフランチャイズの強みです。個人的に開業をするよりもリスクが少ないので重宝します。

 

ロイヤリティとは?

保育園FCは本部のサポートにより快適に活動できるのが最大の強みです。ただし利用をするときにはロイヤリティなどが必要になるのでしっかり理解しておきましょう。

ロイヤリティというのは特許権や独自のノウハウなどを利用する対価として払うものです。例えばフランチャイズなら本部の看板やノウハウを使用する対価として料金を支払います。

これがロイヤリティでフランチャイズを利用するのなら必須のお金です。 こちらもフランチャイズ独自のシステムの1つで、フランチャイザーはこのロイヤリティを徴収して運営を行っています。

具体的な計算方法は全部で3つあります。1つは粗利分方式と呼ばれるもので、加盟店の粗利益数%を本部に支払うのが特徴です。こちらは特にコンビニエンスストアなどで採用されています。

もう1つは売上歩合方式と呼ばれるもので加盟店の売上の数%をフランチャイザーに払うシステムです。加盟店側の儲けに関係がなくロイヤリティを支払います。 特にブランド力の高いサービスが利用しています。最後は定額方式で毎月固定金額を本部に支払うシステムです。支払額が変動せず資金管理を行いやすいのがメリットです。

 

直営店とは違う特徴

商売にはチェーン店と呼ばれるものがあります。これは複数の店舗を展開する経営方法で、具体的な例を挙げるとコンビニエンスストアが該当します。レギュラーチェーンはフランチャイズシステムの1つで、直営店と呼ばれます。

直営店は本部が直接投資を行い、社員を雇用しているのが特徴です。本部も店舗も同一の会社で営業を行っています。 働いている方はすべて本部の従業員として雇用されます。売上や経費なども自社ですべて管理を行い、アメリカ的なコーポレートチェーンを展開するスタイルです。

フランチャイズ加盟店は自分で開業を行うのが特徴ですが、本部と別資本で営業を行っています。加盟店はオーナーが在籍して店舗設計から運営まですべて行うスタイルです。

チェーンとは違い独自の活動を行えるのが最大の強みでしょう。ただノウハウなどはすべて本部が提供してくれるので商売のハードルは低めです。チェーン店とフランチャイズは根本的に内容が違っているのでしっかり把握しておくのが基本です。

 

開業資金はどのくらい必要なのか

フランチャイズは本部がサポートをしてくれるのが魅力です。その際ある程度の自己資金が必要になるので理解しておきましょう。

具体的にどのような費用がかかるのかというと広告宣伝費が必要で、園児募集や保育士の募集なども行います。他に入園パンフレットの作成代金などもかかります。 インターネットが主流となっている時代なのでホームページの作成費用も必須です。写真販売システム込で20万前後と考えておきましょう。

保育園をするには建物が必要なので内装工事費がかかります。これは設計や施工の他に看板代金からデザイン料も発生するのが特徴です。物件取得費用に関して別途必要で備品などの導入費用も発生します。 備品は園児用の椅子やテーブルの他に調理用品や事務用品が必須です。園児の収容人数により料金は大きく変化すると考えておきます。

またFCをするにあたって加盟金が必要なので結構費用がかかるでしょう。ちなみに坪数により料金は大きく変化するので、大規模になるほど料金は増します。お金が足りないときは金融機関の融資を受けて開業も行えます。

 

土地については2つの選択肢がある

保育園FCを利用するには当然、保育園を建築するための土地が必要です。フランチャイズの場合は本部に加盟金などを支払うと土地を用意してくれるので安心です。

うまく利用すれば土地代などを削減することができるので使い勝手が優れています。ただちょっと注意しておきたいのがロイヤリティです。 基本的にフランチャイズは本部に頼んで物件を用意してもらうときには、ロイヤリティが高くなってしまう傾向があります。

これはフランチャイズを行っている保育園本部などにより違いがありますが、一般的に払うロイヤリティは高めの設定です。少しでも本部に支払う金額を少なくしたいという人もいるでしょう。

こういうときは自分の所持している土地を活用するのがおすすめです。自分で用意できる方はその物件を利用して保育園FCを利用してみましょう。こちらは本部に物件を用意してもらうよりも、ロイヤリティがかなり少なく設定されています。

所持物件をすればコスト削減ができるので利用を検討してみましょう。 この独自の仕様を採用するのもフランチャイズの特徴です。

 

資金調達のアドバイスも行ってくれる

保育園FCを利用するときには多額の資金が必要です。お金があまりない人はかなり困ってしまうでしょう。フランチャイズを行っている本部では資金調達の相談を行っています。

例えば、保育園の開業資金が足りないときには足りない分を工面してくれるのがメリットです。 基本的に保育園を開業するときには、助成金と呼ばれるものが利用できます。

認可された保育園は公立や私立に関係なく補助金を受け取る事が可能です。運営費として利用できるのがポイントで、保育園の運営をサポートしてくれます。

補助金は児童一人当たりの保育単価から算出されるのが特徴です。 年齢が上がるほど単価は安くなる仕様をしています。さらに各自治体から補助金も用意されているので、これらのものを利用すればさらにコスト削減をすることが可能です。

ちなみに自治体に選ばれるにはノウハウが必要になるので注意です。児童福祉施設最低基準を満たしているのが条件で、非常に厳しい内容をしています。これもフランチャイズ本部がしっかりサポートを行ってくれるので安心して資金調達ができます。

 

総合的に見てみると、フランチャイズは個人的に保育園をするためにコンサルを利用するよりもお得な内容をしています。特に金銭面のリスクが非常に少ないのが最大の強みです。

独自のシステムを採用することでフランチャイズはコンサルを利用する独自経営よりも最初からリスクの低い経営を行えます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧