保育園フランチャイズ(FC)・経営コンサルタント会社をランキングでご紹介!【独立開業に人気!】

 

保育園FC・コンサル 業者は専属のコンサルタントを付けてくれる?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

保育園FC・コンサルを利用して保育園の起業や運営をしていくときにはフランチャイザーまたはコンサルティング会社のコンサルタントと適宜相談しながら進めていくことになります。そのコンサルタントが専属だと助かると思っている人もいるでしょう。担当者を決めて対応してくれる保育園FC・コンサルはあるのでしょうか。

専属コンサルタントを決めてもらえるか

保育園FC・コンサルを利用するときに専属のコンサルタントを決めて対応してもらえるかどうかは、フランチャイザーやコンサルティング会社の運営方法やサービスによって異なります。

運営方法として一人一人のスタッフに担当の仕事を与えて、その仕事に対して責任を持って取り組んでもらうという仕組みの場合があります。このような運営をしている場合にはフランチャイズの加盟店やコンサルティングのクライアントに対して一対一で専門的に対応するのが一般的です。

そのため、起業のサポートや契約の打ち合わせ、運営のアドバイスや経営状況の評価などの相談をするときには毎回同じコンサルタントに対応してもらうことができます。退職や異動などで配置が変更になり、他のコンサルタントに交代することもないわけではありませんが、基本的にはずっと同じ人に担当してもらうことが可能です。

一方、フレキシブルに対応することを基本としていて、時間が空いている人が新しくやってきた案件や相談に対応していく仕組みで運営している場合もあるでしょう。スタッフの時間の無駄をなくすという考え方の効率化の方法としてよく取り入れられているものです。

この場合には問い合わせをしたときに手すきのコンサルタントが対応するという形になるのが一般的で、偶然たまたま同じコンサルタントに対応してもらえることもあれば、毎回別の人と相談することになる場合もあります。

このような仕組みで運営をしている場合にも希望すれば担当者を決めてもらえることもあるものの、基本的には効率化のために専任先を決めないという方針を立てているので追加料金などの支払いが必要になるのが通例です。

契約先のフランチャイザーやコンサルティング会社によって対応が異なるため、希望があるなら契約の相談をする時点で調査するか確認を取るのが大切です。ただ、特にこだわりがないという人の場合にもどんな違いが生じるのかを理解しておく必要はあるでしょう。

コンサルタントとの関係は保育園FC・コンサルを利用するうえで重要なポイントなので、うまく活かせるかどうかを左右することになります。専属コンサルタントがいるか、その都度違うコンサルタントに担当してもらうかによって何が違うのかを確認しておきましょう。

専属コンサルタントのメリットとデメリット

専属コンサルタントが決まっているメリットやデメリットとしてどんなものが挙げられるのかを考えてみましょう。担当者が決まっていると話がスムーズに進められるのがメリットです。

何か相談したいことがあるときにはそのコンサルタントに電話やメールなどで連絡をすれば全て解決できます。窓口がたくさんあると広告やブランディングについてはここに連絡し、資材調達についてはこの人にお願いするといった形でその都度連絡先を考えなければならないのが大変になりがちです。

また、フランチャイザーやコンサル会社のほうから連絡があるときにも、その担当者が内容をまとめてわかりやすく通知してくれます。コンサルタントが入れ替わり立ち替わりしていると、同じことを通知されることも珍しくありません。

しかし、担当者が決まっていれば同じことを何度も繰り返し言われることもないので時間や労力の浪費も少なく、ストレスも軽減されるのも魅力です。

また、担当者が自分がどのようにして起業したいか、どんな形で事業を進めているかといったことを把握していてくれるのもメリットです。このコンサルタントは経営方針をよく理解してくれているけれど、別のコンサルタントはわかっていないから話が通じないということになるリスクは専属コンサルタントが決まっていないと常に付きまといます。

今までどういう取り組みをしてきたのか、どんな希望をしてきたかも全て把握しているコンサルタントにいつも担当してもらえるとスムーズに話が進むでしょう。これと関連して担当者が決まっていると生じるリスクとして挙げられるのが、異動や退職に伴う引き継ぎがうまくいかない場合があることです。

担当者が外されてしまったときに引き継ぎ資料などを作成し、後任者にきちんと伝えてあればあまり大きな問題はありません。もともと担当者を決めない会社なら普段からこのような資料を作っているのでトラブルが起こることはあまりないでしょう。

しかし、引き継ぎをする前提で仕事をしていないと昔のことから全て短期間で資料にまとめなければならず、抜け落ちてしまう部分がたくさん生じる可能性があります。結果として後任者がほとんど状況を理解してくれていなくて、今後も契約を続けるのはどうかと悩んでしまうようになりがちです。

また、担当のコンサルタントが休みを取ったときに対応が難しくなるリスクがあるのもデメリットだということも念頭に置いておきましょう。

一方、コンサルタントとの関係作りについても長く保育園FC・コンサルを利用していくうえでは重要なポイントですが、この点に関してもメリットもデメリットもあります。専任者が決まっていると関係を良好に保つことが特に必要になり、連絡しにくいような関係になってしまうとFCやコンサルを利用している意味が半減してしまいます。

一人を相手に良好な関係を築き上げれば良いという点絵は専属コンサルタントが決まっているのは楽です。しかし、関係が崩れてしまった途端にサービスを受けづらくなってしまうのはデメリットです。

専属が必要かは相談してから決めよう

専属のコンサルタントを決めてもらったほうが良いかどうかはケースバイケースなので、契約先の候補として上がってきた保育園FC・コンサルと相談してみてから決めるのが無難です。専任者を決めるけれど引き継ぎ資料になるような文書をきちんとまとめていてトラブルのリスクが少ない会社もあります。

また、相談のたびにコンサルタントが違う会社でも情報共有がしっかりとできていて、誰もが事業方針などをよく理解して対応してくれるところもあるのです。実際に相談してみるとどのくらいこのような点に配慮して体制整備をしているかがだんだんとわかってきます。

特に懸念しているポイントがあるなら、早い段階で質問してみて安心できるフランチャイザーあるいはコンサルティング会社かを見極めるようにしましょう。

 

コンサルタントに相談しながら起業や運営を進めていけるのは保育園FC・コンサルを利用する魅力ですが、担当のコンサルタントが専属かどうかによってメリットもデメリットも生じます。基本的には今までずっと相談してきたことや伝えてきたことをよく理解したうえで対応してくれるのが担当者が決まっているメリットです。

ただ、その情報が周りのコンサルタントと共有できていないと異動や退職、あるいは休暇取得のときにトラブルが起こりやすいというデメリットがあります。どちらが良いかは契約先のフランチャイザーやコンサルティング会社によって異なるので、よく相談して懸念点をなくしてから決めるようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧