おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを利用しなかった場合のリスクは大きい?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

保育園の経営を始めたい場合にはさまざまなノウハウが必要です。このノウハウを得るための方法としては、保育園FCやコンサルを使う方法があります。

これらの方法を使わないで保育園を経営することも可能ですが、さまざまなリスクがあるため経営を圧迫する原因にもなるものです。

 

保育園の種類と開業がしやすくなった背景

保育園の種類はおおまかにわけると「認可」と「認可外」があります。また認可も厚生労働省が定める国からの認可と各都道府県や市町村が定める認可があるなど、その種類はさまざまです。

一方で2000年以前は、社会福祉法人しか開業することができないものでしたが、現在では規制緩和で株式会社やNPO法人が開設することが可能になっており、ハードルは低くなっています。 このような背景には児童保育のニーズの高まりによるものです。

夫婦共働きが増えたことはもちろんですが、国の政策により女性の働きやすい環境整備といった事から、子供を預ける施設のニーズが高まり、その結果、その施設のひとつとして保育園が求められるようになっています。

ただ、その一方で開業するためには、ヒト・モノ・カネが必要であり、各種法令も遵守しなければなりません。もともと保育園で経営に携わっていれば、そのようなノウハウを知ることも可能ですが、それでもすべてのノウハウを知ることはできません。

このため開業するのであれば保育園FCやコンサルを利用するのが費用は掛かりますが、確実な方法といえます。

 

そもそも保育園を開業するためには?

保育園を開業するためには、第一には保育を行う人と施設が必須です。そしてこれを用意するために欠かせないのがお金です。

開業資金は立地によって変わってきますが、賃貸物件であれば施設および設備を用意するためには最低でも500万円以上は必要です。もし自前で土地・建物を用意する場合には、建物の規模によりますが2,000万円以上は必要です。

それと認可を得るのであれば、設置基準を満たしている必要があります。認可されるメリットとしては補助金が出ることや、自治体から入園希望者を斡旋してもらえるといった強みがありますが、反対に園児一人あたりに求める保育士の数や広さなどが事細かに設定されているため初期費用も運営費用も増えることになります。

また保育を行うためには保育士を用意しなければなりません。以前は保育園そのものが少なかったこともあって、保育士に対する待遇はそれほど良くありませんでした。

しかし、現在は保育士不足から低賃金や労働環境の悪さは離職を招くことが多く、そのため保育園を運営していくためには、職員にも適切な待遇を行うことが求められます。

 

保育園を開業するリスクについて

保育園の経営は、一般的には初期投資金額が少なく投資回収率が高いことや物を売る商売と比べて在庫を抱える心配もなく一度入園した園児もよほどの理由がない限りは最低でも、2年から3年は在園してくれるので、安定した収入を得ることが可能です。このようなことから保育園は投資の対象として十分に魅力的な存在となっていますが、残念ながらリスクも存在します。

リスクとしては十分な数の園児を集められるかどうかです。たいていの場合には子供が多い地域には、需要が高いために認可保育園にしても認可外にしても多数の施設が存在しています。そこに割り込む形になるため、園児を集められるかが最大のポイントになります。

特に補助金制度では一定数の児童が在園していることが条件となっていることもあって、確保し続ける努力は欠かせません。しかし、現実には子供そのものが居なくなれば保育園を続けることは不可能になるため、長期的な目で考える必要があり、また撤退するタイミングも重要です。

それと預ける親としては、ただ預けるだけでな適切な保育サービスを受けられることを求めます。その求めに応じられるノウハウを有していなければ評判が悪くなり園児を集めるのが難しくなります。

 

リスクを避けるためにも保育園FCやコンサルを頼る

保育園を開業し経営していくには、大変な労力が必要ですが、その労力を少しでも軽減しリスクを避けるための方法として保育園FCコンサルがあります。保育園FCはフランチャイズのことでノウハウやブランドを金銭的な対価で得ることができます。コンサルはフランチャイズと異なりノウハウを得ることができるものです。

いずれもメリットは、経営に必要な知識や開業・運営に必要なサポートを受けられるというものです。デメリットは、費用が発生することや必ずしも成功するとは限らないことです。

しかし、実際には会社を設立するのにはさまざまなノウハウが必要で、それを一から習得して行うのには多大な労力が掛かりますし、途中で挫折する人も少なくありません。その点で、保育園FCやコンサルを頼ることによって、少なくとも開業まではスムーズに行うことが可能です。

特に保育園FCではブランドを得ることができますから、無名でスタートするよりも親の信頼を得られやすく園児を集めやすくなるといったメリットがあり、開業時のリスクである園児が集まらないといったことを避けることができます。

 

保育園FCで受けられるサービスは?

保育園FCといっても多数あり、それぞれにサービスの内容は変わっていますが、基本的には開業するためのサポートと、その後の運営のサポートです。保育園に限らず事業を行うためには、さまざまな手続きが必要です。

また保育園でも認可保育園を目指して助成金を得るためには、その基準を満たす必要があります。このようなことは、個人が一から学んで行うのにはハードルの高いもので、特に開業までに条件を満たすことができなければ、認可を受けることも助成金も得ることができません。この点で保育園FCを利用した方がスムーズに開業することが可能です。

一方で保育園を維持し続けるためには、園児の数を維持し続けることで、このための経営努力も行う必要がありますし、また園児の面倒を見る保育士への待遇も適切に行うことが求められます。この点でもフランチャイズを利用すれば、適切なサポートを得ることができますし、また場合によっては他の施設からの斡旋や応援を得るといったこともできます。このため単独で経営するよりも保育園FCを使った方が安定した経営が行えます。

 

保育園FCやコンサルを利用しないデメリット

保育園FCやコンサルのデメリットは多額の費用が発生することで、ブランドを利用するのであればロイヤリティも支払う必要があり、支払い方法によっては収益を圧迫します。それに、これらを頼ったとしても、成功することまでは約束されていません。このため不誠実な会社であれば、十分な利益を出すことができず、開業できてもすぐに立ち行かなくなり倒産するリスクがあります。

利用するのであれば、開業前のリサーチを綿密に行うようなところや、他での実績があり、また評判の良いところを選ぶべきです。

一方でそれらを頼らないで保育園を開業する人もいますが、やはりリスクとデメリットが大きいものです。特に認可保育園を目指す場合には、スケジュール通りに行う必要があり、このスケジュールに間に合わなければ最低1年間は認定されませんから、認可外保育園として運営することになります。ただ子供を集めれば良いというものではなく、適切に保育を行える保育士を集める必要がありますし、研修も行うというのであれば、この点で保育園FCを使った方が円滑な運営をすることができます。

 

保育園を開業し運営すること自体は資金があれば誰でも行うことができます。しかし、それを事業として成功させるためにはノウハウが必要であり、このノウハウを得る方法として保育園FCやコンサルはもっとも有効な手段です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧