おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FCで開業するならコンサルのサービスについても知ろう

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

保育園の経営を考えてる方は、企業を経営した経験を持っている人ばかりとは限りませんし、仮に経験があったとしても保育園と一般企業では違う部分もあります。

そういう部分をフォローする為にコンサルが必要になるのですが、依頼前にはサービスの内容をしっかり把握しておいた方が効率的になります。

 

保育園FCのコンサルに欲しいサービスの概要

保育園FCをやるとしたら、まず設置したい場所にどの位の需要があるか等をマーケティングする必要があります。保育園が足りないという事は昨今多く語られています。

ですが場所によっては需要がしっかり満たされている地域もあり、そういう場所に建てても子供が入ってくれません。地域全般で子供が少ない所に建てるにしても、同じ様な結果になってしまいます。 同業他社の具体的なサービス内容をよく確認し、此方が建てる保育園FCとどの程度違うのかも、調べておかなければいけません。

例えば企業内保育園を始めるというのでしたら、企業の中で使えるスペースを確認し、その範囲に収まる物を作って、会社内の子供が良い環境を作っていくという事になります。その時は大きい建物等は特に要りません。ですが、ある程度の土地を用意し、そこに建物を作って周囲から子供を集めてやりたいというのでしたら、他と差別化を図らないと、沢山の中の1つという事で埋もれてしまうことになります。

人材募集の方でも、単純に考えれば資格を有し、高い技術を持った人柄の良い人という事になりますが、業界事情を知った人による選抜や交渉等をしたい部分も多く出て来る物です。コンサルを探すとしたら、こういった部分についてサポートがある所を探すのが理想的という事になります。

 

運営についてのサポートがどのくらいあるのか

企業を運営した事が無い人に対してのサポートとして、運営についての勉強会を定期的に開いてくれる等の特典があるかもコンサル探しでは重要になって来ます。短期的ではなく、継続的な勉強会であれば理想的です。そして、その内容等が現実に即しているか等も確認しておくべき点です。

保育の難しいポイントは対象が幼児という事です。人間の基礎を作る段階ですので、受験勉強の様に要点を絞り、傾向と対策を考えた上で効率良く事を進めていくという様に大人の目線で考えると齟齬が出来てしまう所が多いです。

そういった部分に配慮しながら、効率的に全体を回していく必要がありますので、一般企業の運営とは要領が違う部分が出てきます。その辺の事を短期的な勉強でどうにかするには、実務に無理が無い形で勉強会等が継続してあった方が良いです。

内容の方も、実際の事例等をしっかりと扱い、法律や補助金関係の問題等を具体的に扱った分かりやすい物であるか等を見ておく必要があります。オープンセミナーなどを利用して、内容を見てみるのも1つの方法です。

 

資金問題への配慮は?

保育園FCを経営する場合に、特に意識しておかないといけないのは資金です。開園したと同時に、定員が確実に埋まっている様な形になっていなければ赤字スタートになってしまいます。

しっかり黒字スタートになる為には、事前のマーケティングを相当にしておくべきなのですが、現実問題としてどの位のお金や資源を自分が掛けられるのかといった問題があります。企業内保育園等で使えるスペースも小規模で構わないし、利用する人についてもある程度見当が付いているといった様な場合でしたら、そこまで考える事はありません。

ですが、大きい物を開いて、同業他社に対抗していこうという様な事でしたら、話は変わってきます。それにお金が掛かり、用意出来ないとしたらそのプランは変えなければいけません。そういった点で複数のプランを用意出来る様なコンサルを探す事をお勧めします。

此方の資金や使えるスペース等と周囲のマーケティングの結果から、現実的にどの位の物を用意出来るという事をしっかり伝えてくれる様でしたら、相当に安心出来る物があるかと思われます。

 

開業後のサポートは?

開業までのサポートなのか、それとも開業した後もサポートがあるのかといった点もしっかり確認しておくべきです。ある程度勉強をしたとしても、実際にやってみないと分からない問題は複数出て来る物です。

クレームの対処等もそうですし、中には特別な配慮が要る子供がいる場合等も出てきます。補助金関連の問題等も自治体によって、相当に内容が違いますので対応が色々難しいです。

そういった時に、定期的にスーパーバイザー等を派遣してくれるシステムがあるコンサルを選んでいると随分違います。 勉強だけでは把握出来ない様な現実の保育の問題や、経営の問題について熟知している人が定期的に派遣されて、そっちに問題を相談出来る様な体制があるのは随分心強い物があります。

実際に園で起きている問題と現実的に向き合っている人ではなく、第3者としての視点で意見を貰えるという意味でも、考えをまとめるのには役に立つ物です。こういった開業後のサポートは色々なバリエーションがある物ですが、それが充実しているかどうかをコンサル探しでは、しっかり確認しておく事をお勧めします。

 

人材募集と育成のカリキュラム

保育園で実際に働くスタッフを募集する時に、どの位のサポートがあるのか等も確認しておく必要があります。完全に経営相談という事で、詳細については此方が全てやっていくというスタイルの物から、コンサルが選抜しその上で育成も行うという物まで色々な種類があります。

例えば企業内保育園の様な形でやっていくという事を考えた場合、此方が人材募集や選抜まで行うのには負担が出て来てしまったりもします。スタッフ教育についても、保育関係に全く経験が無いなら、どういう方法で育成するのかが分からない等の問題も出て来ます。

そういった場合でしたら、募集から人材育成まで代行してくれる外部のコンサルを使った方が良いです。 これは子供の育成のカリキュラム等にも同様の事が言えます。

その保育園FCに求めるものは、託児機能なのか、それとも教育機関としても機能する方が良いのかといった事で内容を考えて行かないといけません。昨今、子供の体力低下の問題もありますし、将来の事を意識した勉強にしてほしい等の保護者の要望等、詰めていけば沢山の事が出て来ます。その辺に対する講師の募集等も行ってくれるなど、ニーズに対応できるコンサルが理想的です。

 

コンサル探しでは実績が重要

コンサル探しの場合で、サービスの内容確認と同時に重要なのが実績です。中には他で経験を積んだ人が旗揚げをして作った物で実力は間違いなくあるという例外もあります。

ですが、保育園FCは色々と難しい部分も多い業界です。一定の基準を満たした保育園には認可保育園に指定されたりもしますが、そういった認可もノウハウが必要になって来ますし、自治体毎に異なる補助金の申請制度等も対応した事が無い人にしてみたらかなり難しい事になります。

建物についても、子供の安全や周囲の環境ともミスマッチが無いか等を調べた上で作らないと後で大きな問題になったりもします。騒音対策であったり、周囲の人達への周知を行っておく等、コツがある部分が多いです。

昨今の保育園不足等の影響で、そこに全く経験が無い形で参加してくるコンサル等も無いではありません。ですので、内容と同時に今までどの位の成功例があるのかといった事は確認しておいた方が無難です。

組織に実績が無い場合は、最低限責任者の経歴等を確認し、そっちの方に成功したケースが無いか等をしっかり見ておく事をお勧めします。

 

経験が無い人に開園前と、開園後にどの位のサポートをしてくれるのかという事が確認事項という事です。資金問題を含めて、現実的な提案を複数出してくれる様な所でしたら安心出来ます。

後はそれがしっかり実績が伴った物であるのかを見ておけば、間違いはないかと思われます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧