保育園フランチャイズ(FC)・経営コンサルタント会社をランキングでご紹介!【独立開業に人気!】

 

保育園FC・コンサル業者に無料相談はできる?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26

これからフランチャイズで保育園を経営したい場合には保育園FC・コンサルと契約をすることも重要になります。最初の段階でコンサルタントに相談をしたいところですが果たして無料で話をすることができるでしょうか。無料で話をすることができれば、金銭的な負担が少なくなり安心です。

まずは無料で相談できるところを探してみる

保育園FC・コンサルを選ぶ場合でも、必ず無料で相談できるかはそこの会社によって異なります。一昔前は、コンサルタントが無料で話をするような例はそれほどありませんでした。やはり、話し合いの場を設ける場合もそれなりに価値があるものと考えられていますので、お金をいただくことになっていたわけです。

ところが、最近はコンサルタントの数も増えてきており競争が激しくなってきた背景があります。このような背景を考えると、少しでも有利にお客さんを引き寄せるために最初の入り口の部分を無料にしておくことが必要になってきたわけです。そのような経緯を経て、最近はコンサルタントの中でも無料相談を受け付けてくれるところの数が増えてきた傾向があります。

ただ、すべてのコンサルタントが無料で引き受けているわけではありません。そのため、事前にホームページなどを見て無料でおこなうことが可能かどうかを確認しておかなければならないところです。もし無料相談ができる場合には、申し込み方法を確認しておきましょう。

申し込み方法の一つは、メールで申し込む方法です。ホームページがあれば、メールフォームなどがありそこに記入をしていくことで申し込みが完了します。数日後、コンサルタントの会社から電話が来るでしょう。

一方で、電話受け付けの場合もあります。電話受け付けのメリットは、何か質問がある場合そこで話をすることができる点です。もちろんメールでも質問することはできますが、返事をもらうのが半日から翌日以降になってしまう可能性もあるでしょう。すぐに答えを知りたい場合には、メールよりも電話が便利になります。

後は、日時をどのようにするかを決めなければいけません。電話などをする場合には、電話をしたあとに日時を決めてもうまく決められないことがあります。そこで、あらかじめ空いている日程を数日決めておき、その中から選ぶのがよいでしょう。忙しい保育園FC・コンサルの場合には1週間から2週間待たされるようなこともあります。

そのような理由から、1か月分ぐらいの予定を見ておき空いている日を3日から5日ぐらいピックアップしておきその中から選ぶのがよいです。もしそれで決めることができないならば、また予定が分かり次第数日後に電話をするかメールをしてみましょう。

相談をするだけに、担当者を選ぶことができるか問題になりますが、基本的には無料相談で担当者を選ぶことはできません。ただ、担当者が一人しかいないところもありますので、その場合には予約を入れる前から担当者が決まっていると言えるでしょう。

どのような内容を相談することが可能か

仮に、コンサルタントと無料相談で話し合うことができる場合にどのような内容を話すことができるか気になるところでしょう。これに関しては、やはりコンサルタントによって話すことができる内容が異なってきます。ただ、すべてを無料の話だけで解決しようとするのは無理なことをあらかじめ知っておく必要があります。

なぜかといえば、保育園系自体はそれほど短時間ですべてを決めることができるわけではないからです。たいていコンサルタントと話をする内容は、お金に関することや経営に関すること・集客に関することです。それ以外にも、実際にスタートし始めてからはクレーム対応なども受け付けてくれるでしょう。これらを無料相談だけでおこなうとすれば、かなり無理があるだけでなく具体的な話すらできない可能性が高いです。

ちなみに、無料でできるのは初回の一回だけのことが多いです。キャンペーンなどをおこなっており、3回まで無料でおこなってくれるところもあるかもしれませんが、それは例外的な話であり一回だけの話し合いと考えておけば間違いありません。話をすることが可能な時間は、これもやはり業者によって異なりますが30分から1時間ぐらいが妥当な時間になります。

コンサルタントの業者の方も、顧客との信頼関係に基づいて無料で話し合いをしているわけです。顧客の方も、無料であることを考えて無理に時間を延ばすようなことをしてはいけません。無理やりたくさんのことを相談しようと思い、時間が延びてしまうと信頼関係を損なうことになるでしょう。

詳しい内容に関しては、お金のことや経営のことなどのようにいくつかのジャンルがある中で一つだけになるでしょう。例えばお金のことを相談したい場合には、現在お金を持っていないとすればどのような方法でお金を借りたらいいか、あるいは準備したらよいかなどを教えてくれます。それも、30分から1時間以内に話さなければならないため、途中で話が終ってしまい尻きれとんぼのような形にならないようにしなければいけません。

そのために必要なのは、話をする側の準備になります。話をする側としては、可能な限りどのようなことを聞いておきたいかリストにまとめておきましょう。例えば、1時間の話し合いの場合には、話すことができる内容は3種類から4種類ぐらいになるはずです。お金の話しを聴きたいならば、どれぐらいのお金が必要なのか、フランチャイズ契約をする場合に追加料金はないのか、そしてどこからお金を借りたらよいかなどを質問してみると良いです。

これらをリストにまとめて当日持っていくと良いでしょう。もしかしたら、1時間以内に終わってしまう可能性があるため、リストはできるだけ多く書いておくことが必要です。すべて質問しなくても優先順位の高い内容から質問をすることで、問題解決につながる可能性があります。

無料で話し合いをしたあとはどのような流れになるか

無料で話し合いをした場合には、その後どのようになるかを理解しておく必要があります。そもそもお金をかけずにおこなってくれるところは、その後の契約が前提になっているわけです。もちろん絶対に契約をしなければならないわけではありませんが、コンサル会社の方も可能な限り契約してほしいと考えるため、その後の話などもする可能性があります。

そのまま契約するとすれば、どのようにお金を払っていくかなどを考えておくことが必要です。フランチャイザーと一体化しているコンサルタント会社の場合には、フランチャイズの本部を通じて申し込みをする形になることもあるでしょう。

 

保育園FC・コンサルなどに依頼する場合には、無料で話しを聞いてくれるパターンもあります。無料で話しを聞いてくれる場合、必ずしもすべての話しをすることができるわけではなく、ほんのさわりだけになります。

ただ、顧客の方が何を質問したいかそして何を明らかにしたいかを明確にすることで、濃い時間帯を過ごすことができるでしょう。結果的に、自分が求めているものを手に入れることが可能になります。このときリストを持っていくのがよいかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧