おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを利用して保育園をつくる魅力とは?

公開日:2019/04/12  

近年保育園のニーズは高齢者用福祉施設と同じく不足しています。

基本的に保育園開設に資格は不要で、誰でもいくつか条件を満たせば経営することが可能です。保育園FCに加盟することで安定した運営を行うことができ、コンサルを利用すると魅力的な施設にすることができます。

 

初期投資金額が低いのが特徴的

保育園FCにはいろいろな魅力があり、例えば初期投資の金額が低くかったり投資回収率が高いことがあげられます。保育園経営は他のビジネスと比較すると初期投資金額が低いという特徴があり、利益率が高いので投資回収率が高いものになっています。

開設できる物件がある場合、大型設備や機械などが不要で立地などによって最初から定員を満たすことができるでしょう。月預かりや一時預かりなどの希望やニーズが高まっているので、さらに利益確保を安定するができます。

保育園経営は他のビジネスのような商品の仕入れがなく、在庫を持つこともありません。大きな経費では施設の地代家賃や人件費になり、不良在庫などを抱えるリスクがなく資金繰りにおける不安要素が少ないと言えます。

収益計算がしやすく売り上げから必要経費を引けば、保育サービス向上にあてることもできます。一度入園した園児は最低2~3年は在園するので、安定した経営戦略を立案することが可能です。

保育サービスに満足してもらうと兄弟姉妹の入園を期待することができ、評判が広まるでしょう。経営が安定すると利益が安定し、収入が増減するリスクも少なくなります。

コンサルなどを利用すると経営に関するコツを教えてくれるので、魅力的な保育園作りをすすめることができます。

 

待機児童問題に貢献することができる

保育園FCに加盟すると安定した運営を行うことができ、同時に社会貢献に繋げることができます。さまざまな理由から子どもを保育園に預ける保護者が増加していて、保育所に入所するための待機児童数が年々増加中です。

女性の社会進出が期待されており共働き夫婦が増えたことから、待機児童問題が社会問題として注目されています。保育所経営するにおいて女性が安心し外に働きに出られるよう保護者をサポートしたり、待機児童数を減らすことができるので社会貢献にも繋がります。

日本の少子化は進んでいて、その中保育園FCに加盟しても大丈夫なのか考えている経営者も多いでしょう。実際女性の社会進出や経済不況などによって保育施設は不足しており、少子化より保育施設不足の方が問題になっています。

待機児童の解消は自治体の課題にもなっていて、月極めの契約はもちろん一時保育のニーズがかなり高くなっています。人によって週5日預けたり、週3日だけ預けたいという人もいるでしょう。

1日の内午前中だけ預けたい人もいるので、臨機応変な対応が求められています。一時保育は利益率が非常に高いので経営において利益を確保しやすく、さまざまな希望やニーズに応えることで保育園経営を安定させることが可能です。

 

保護者の希望やニーズに合わせる

保育所のニーズはまだまだ広がると言われていて、保育園FCに加盟する人も増えています。通常保育施設は生後6ヵ月から受け入れをするところが多いですが、中には出産した後すぐ働きに出たかったり、仕事に行かないといけない理由がある人などが多くいます。

保護者の希望やニーズに対応するため、産後2ヵ月から子どもを預かる保育施設が増えており時間帯なども臨機応変に対応しているところが増加中です。夜間に働いている保護者の希望やニーズに応じた保育施設があり、通常仕事は月曜日~金曜日の平日9~18時勤務という時間帯が基本になっていますが、実際保護者の仕事を見てみるといろいろな職種で働く時間帯もさまざまです。

例えば接客業の場合は休日出勤することが多く、18時以降仕事をする必要もあるでしょう。高い収入を得るため夜間に働きたいという人もいるのが現実で、さまざまな職種に合わせた施設が増加傾向にあるので今後ますます保育園FCも必要になっています。

コンサルに相談すると保護者のニーズや希望を的確に把握することができ、安定した経営についてアドバイスを得ることが可能です。

 

コンサルや保育園FCを利用するとリスク軽減できる

保育園経営を安定するには園児を集める必要があり、待機児童問題が注目されているからといって楽観視はできません。新規の保育園は子どもが集まりにくい傾向があり、経営が軌道に乗るまで時間がかかるでしょう。立地やコンセプトなどが保護者の希望やニーズに合っていることもポイントです。

初めて保育事業に参入する場合、コンサルや保育園FCを利用するとさまざまなリスクを軽減することが可能です。専門会社は人を集めるためいろいろなノウハウを持っており、心強いパートナーになります。例えば経営を考慮する際、政府からの補助は考えておきましょう。

保育事業における制度で恩恵のある保育園の認可基準は60名以上子どもを確保することになります。保育園FCやコンサルを利用することによって小規模認可保育制度を活用し、厳しいハードルを最初から超えようとしなくても徐々に事業を大きくすることが可能です。

安定した保育園経営をすすめることによって地域社会に貢献することができ、保育園スタッフはもちろん保護者・子どもたちの満足も向上することができます。

 

トラブルを回避する

保育園を経営するにおいて、保育事業に関する専門的な知識が必要になります。実際保育サービスをリリースするのは保育士ですが、経営者については専門的な資格などは必要ありません。

但し、経営者としてスタッフを雇用したり、スムーズに事業運営するためさまざまな知識やスキルなどが必要です。保育園は子どもを預かる施設になるので責任は非常に重いものになります。

もし子どもが怪我したりトラブルに巻き込まれたり、急な病気になった場合、適切に対応しなければいけません。仮に何かしら対応を間違えてしまうと保育園の信用に関わり、運営自体が成り立たなくなるケースもあるので注意が必要です。

専門のコンサルや保育園FCを利用すると運営方法はもちろん、不測の事態などのトラブルに関しても学ぶことができ、いろいろな保育事業におけるリスクを回避することができます。開設する場合、環境や地理的な制約、預かる定員や保育士の人数など、運営するにおいて条件を自治体などから確認されますが、保育園FCに加盟していると手続きを代行してくれるので便利です。

 

手続きを代行してくれるので便利

認可保育園か認可外保育園を開設するかで国から出される補助金の割合は異なります。認可の方が有利で保護者から期待されたり信頼も高いです。

地域によっては規模の小さい認可外の場合、早く具体化できることもあるでしょう。子育て支援制度から市区町村に認可してもらうやり方もあり、どのような園にしたいか指針を打ち出すことが大切です。

開設する場合自治体担当者に相談し情報収集から始めましょう。申請する場合、自治体側から調査や審査を受けることになり園として開設する基準を満たしていると大丈夫です。

周囲環境や地理的な制約、子どもを預かる定員や設備、保育士の数などの条件を確認されます。保育園FCに加盟する場合、手続きのほとんどが代行されるので便利です。

まず専属コンサルタントと面会しヒアリングを行うことから始まります。フランチャイズに関する仕組みや運営方法などの説明を受けた上、イメージする運営に近いか見極めたり、話を進めるか検討することが可能です。

気軽に相談することができるので、不安や悩みなどに関して丁寧なアドバイスを受けることができます。

 

保育園FCやコンサルを利用すると安定した運営を行うことができます。初期投資金額を抑えることができ、保育園を運営することで待機児童問題に貢献することが可能です。いろいろなトラブルを回避することができ、手続きを代行してくれるので便利です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧