おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

 

保育園FC・コンサルを利用すると負担がどれくらい減る?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

自分の保育園を立ち上げたいと思ったときに保育園FC・コンサルを利用すると負担が軽減されることが知られています。起業する時点と運営している時点で得られるメリットにも違いがあるので、それぞれの状況においてどのような形で負担を軽減できるのかを確認しておきましょう。

起業時点ではどのような効果が得られるか

保育園FC・コンサルを保育園の起業時点で利用すると幅広くメリットがあり、想像していたよりも楽に起業できたという人も多くなっています。起業をするときには資金の獲得から物件探し、設備の設計などといったインフラ部分から手がけなければなりません。

さらに保育園のカリキュラムを考え、必要になる備品や教材などを用意することも必要です。また、規模によって適切な人数の保育士や保育補助、さらには事務などを担当する職員の雇用もおこなうことになります。この他にも経営についてのノウハウを学んだり、保育園の利用者を獲得するためのマーケティングや営業をしたりすることも必要です。

このように多岐にわたる準備をしなければならないのが原因で、起業を途中で諦めてしまう人もいます。しかし、保育園FC・コンサルを利用することでこれらのほとんどについては負担が軽減されます。

資金の獲得については自力でやらなければならない場合が多いものの、銀行融資などを受けるために必要な事業計画書についてはサポートをしてもらえるのが通例です。助成金や補助金などについての紹介や申請手続きの補助などもしてくれることがあります。

物件候補を選定してくれる、必要設備の調達をサポートしてくれるといったサービスがあることも少なくありません。また、FCの場合にはカリキュラムや備品、教材などについては統一されていることが多いため、そのままのカリキュラムを使用し、調達もFCオーナーの手配経路に任せてしまうことができます。

コンサルの場合にもアドバイスを受けながらカリキュラムや教材などを決められるので安心です。人材確保についてはFCなら代わりに人材募集をかけてくれることすらあります。コンサルの場合にも求人の出し方などを教えてもらえるのでスムーズに採用活動を進められるでしょう。

経営のノウハウについてはどちらの場合にも伝授してもらえるのが普通です。要点をかいつまんで教えてもらえるので時間的にも労力的にも負担が大きく軽減されます。また、マーケティングや営業の方法も教えてもらえることに加え、FCであれば加盟先のブランド名を活用することが可能です。

知名度の低さは保育園を起業するときに大きな課題ですが、よく知られているFCに加盟すれば問題を克服できるのです。コンサルを使う場合にもコンサル自体の知名度が高ければお墨付きの保育園という形でマーケティングをすることができます。FCやコンサルが提携しているところがあれば、通常よりも宣伝広告費を抑えることもできるでしょう。

この他にも起業に際して生じた疑問にいつでも答えてもらえるサービスがあるのが一般的です。初めての起業では不安が出てきてしまうのは当然なので、心理的な負担も軽減できるという点で保育園FC・コンサルは優れています。

運営段階ではどんな負担軽減ができるか

保育園FC・コンサルは保育園を起業して運営する段階になってからもいろいろな面で負担を軽減するのに活用可能です。起業時点と同様のサポートを運営時にも受けることができます。

起業をしてから大勢の利用者を確保することができ、資金も溜まったから事業を拡大したいと考えることもあるでしょう。新しい物件を紹介してもらったり、その設備設計などを手伝ってもらったりすることが可能です。

また、備品や教材が不足したときに調達を依頼したり、保育士や保育補助の人数が不足してしまったときに募集をかけてもらったりすることもできます。逆に業績があまり良くなくて困っているときにも手厚いサポートを受けることができます。

コンサルの場合には任意のタイミングで相談することができますが、FCの場合には定期的に業績について報告を求められて相談の機会を設けてくれることも少なくありません。FCの場合にはロイヤリティーで収入を得ているので、きちんと業績を上げて黒字経営をしてもらうことが重要だからです。

具体的にどうすれば良いかを提案してもらえるので、赤字でどうしたら良いかわからずに悩んでしまうような状況に陥らずに済みます。他の保育園での事例なども紹介してもらえることが多く、自分なりの解決策を導き出したいときにも役に立つ資料を提供してもらえるのが一般的です。

運営段階でも資金についてのアドバイスを受けることもできます。創業後に活用できる助成金や補助金もたくさんあるので、状況に応じて申し込んでみると良いものをピックアップしてもらえるのです。

経営をしていて赤字が続いていると資金が苦しくなってしまうことは珍しくありません。FCもコンサルも資金を提供してくれることはありませんが、そのタイミングで利用できる資金調達の方法は広く紹介してもらえます。

借り入れの場合には調達額をどのくらいにしておくべきかについても提案してもらえることから、スムーズに資金を借りることができるでしょう。

総合的に判断して保育園FC・コンサルを選ぼう

保育園FC・コンサルはどこに加盟あるいは相談したかによって対応が大きく異なります。当然ながら負担をどのくらい軽減できるかも加盟先や相談先によって差が生じます。

ただ、どこを選ぶのがベストかを一概に決めることはできません。とても手厚いサポートをしてくれる代わりに料金がかなり高く設定されていることもあれば、サポートは少ないけれど報告書などを作成しなくて良くて余計な作業が増えなくて済むこともあります。

対応しているサポート内容も異なっているので、必要なサポートに対応していて、特に必要がないサポートには対応していないところと契約するとコストパフォーマンスが高くなるでしょう。サポートが手厚くて料金も安く、丁寧に対応してくれるのに越したことはありませんが、なかなか理想的な条件が揃っているところがないのは確かです。

どんなことが大変になる可能性があるかをよく考え、その負担を軽減するために必要なサービスが含まれているかを調べましょう。その結果に基づいて総合的に判断して契約先を決めると成功できる可能性が飛躍的に高まります。

 

保育園FC・コンサルは起業や運営のサポートをしてもらうのにとても役に立つサービスで、経営に関わる負担を大幅に削減することが可能です。かなり幅広くサポートを受けられるので楽になったという声がよくありますが、コストパフォーマンスを重視して契約先を選ぶように心がけるのも重要になります。

手厚いサポートをしてくれるところほど料金が高めになっていることが多いからです。どんなサポートがあると便利かをよく考え、FCかコンサルかも違いを考慮してよく吟味したうえで総合的に判断して契約先を決定するようにしましょう。契約先を適切に選び出すことによって大きく負担を軽減し、起業も運営も円滑に進められるようになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧