おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルなら成功経験があり信頼できるところで

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

 

待機児童の問題などで保育園の増加が求められています。そのため法人や企業を問わず保育事業への参入を志すケースが増えています。

小規模の保育園であれば個人でも経営できるので、身近なビジネスとしても注目されます。

 

 

直営の保育園で集客手法を開発している

保育園事業は将来性のあるビジネスであるので、開業方法や経営手法に多くの注目が集まります。しかしながら、現在のニーズに合わせて開業しても、大きな成功を収めることはできません。

事業のニーズが高くなると共に、サービスの質も問われてくるからです。保育事業未経験者にとっては、参入したくても何から手を付ければ良いのか分からないものです。

そこで頼りになるのが、保育事業専門の保育園FC・コンサルです。保育FC・コンサルはそれまで培ったノウハウを活かして、円滑に保育事業が行えるようにサポートすることができます。

保育園経営にとって最も肝心なのが、園児を如何に集められるかにあります。それゆえ、保育園FC・コンサルを選ぶ際には、成功経験がある、信頼できる会社を探すことが大事になります。

依頼先の実績を判断するには、手掛けた案件での集客率を見るのが早道です。サポート会社の中には直営の保育園を経営しているケースもあり、園児を集める手法の開発に取り組んでいます。実績のある集客手法が導入できれば、早い段階で黒字経営につながるので、経営の安定化が図れます。

 

経営まで全面的なサポートを受けられる

待機児童問題が深刻化しているとはいえ、親にとって保育園であれば何処でも良いわけではありません。彼らは可愛い我が子を少しでも良い保育園に入れようと、周囲の施設を詳しく検討します。

それゆえ子供の多い地域で開園すれば、何もしなくても園児が集まるわけではありません。たとえ予め趣向を凝らしたマーケティングを行ったとしても、黒字経営に必要な園児数を確保できる保証はどこにもないと言えます。加えて、保育事業の経験が無いとなれば、スタートから経営が躓くことは目に見えています。

一方、保育園FC・コンサルによる経営ノウハウを学ぶことで、結果は大きく変わってきます。また、信頼できる会社等では単に経営ノウハウを教えるだけでなく、開業から集客、そして経営まで全面的なサポートをしてくれます。

さらに、フランチャイズ系の会社であれば、開園そのものを支援してくれることもあります。フランチャイズと聞くとロイヤリティが気になりますが、保育園FCの中にはロイヤリティが全く発生しない会社もあります。安定した経営ができるので、具体的な独立計画が立てられます。

 

助成金制度活用のアドバイスが受けられる

保育園FCでは独立支援する体制が整っており、フランチャイズでありながら、自由な経営をできるのが魅力です。サポート会社の場合も、多方面から独立支援を行うケースがあります。継続的な経営支援が受けられるので、保育事業初心者でも安心して運営できます。

保育事業に欠かせないのが助成金制度の利用です。施設やスタッフ体制に関して一定の条件を満たせば、自治体からの認可を受けることができます。認可を受ければ助成金が受けられ、経営安定に役立てられるわけです。

保育園FC・コンサルでは助成金制度活用についても、適切なアドバイスを受けることができます。

保育士の雇用に関しても相談できるので、適切な人材を揃えることができます。保育園運営においては、優秀な保育士を確保することが大事です。

そうした相談や依頼を電話やメールで自由にできるのも、大きな安心感につながるわけです。何よりも、万が一経営状態が不安定になったとしても、立て直し策を検討してもらえます。保育事業に豊富な経験を持っている会社だからこそ、問題が起きても適切に対処できるわけです。

 

保育スキルのレベル向上に努めている

保育園FC・コンサルの中には、追加料金など一切かからず、いつでも相談に乗ってくれる会社があります。保育事業初心者は様々な相談事を抱えるものなので、そのような良心的な会社に依頼するのが適切です。

保育園事業にとって肝心なのは、何よりも経営を安定させることです。それには園児の数を毎年確保する必要があり、質の高い保育サービスを提供することが重要です。

またペアレンツニーズに適した園内環境の整備、そして保育スキルのレベル向上に努めることが不可欠となります。それらが口コミで広がることで、園児募集がしやすくなるからです。

保育事業をゼロからスタートさせた経営者にとって、保育園の運営は分からないことばかりです。そのような時に頼りになるのが、成功経験が豊富なFC保育・コンサル会社だと言えます。

成功経験があるスタッフからのアドバイスがあるとなしでは、状況は大きく違ってくるものです。そして、適切なアドバイスを受けなければ、経営が安定する保証はどこにもないわけです。

即ち、安定した保育園経営には、信頼できる第三者によるアドバイスが不可欠だということです。

 

保育事業と介護事業の融合が図られる

保育事業を新規に立ち上げる際に、頼りになる存在が保育園FC・コンサル会社です。ここではサポート事業で成功経験のある、信頼できる会社の特徴を紹介します。事業で成功したいだけでなく、待機児童問題の解決に積極的な経営者にとって強い味方となります。

成功経験のあるフランチャイズ会社では、園児獲得に関して独特のノウハウを持っています。直営の保育園を展開しているケースも多く、低い投資金額でもフランチャイズに加盟できるプランなどが用意されています。そのような保育園FCであれば、開園時の園児獲得にも強みを発揮できます。

成功している保育園FCであれば、開園後の短期間に黒字化が期待できます。フランチャイズの形態の中には、小規模認可保育園も含まれるので、比較的に保育事業が始めやすい特徴があります。

また、保育FC・コンサル会社の中には、保育と介護の融合を図っているところもあります。この場合は認可保育園や小規模保育園等と、高齢者向け介護施設が併設されることになります。加えて、障碍者向け施設も併設されるこがあり、世代間交流が目指されています。

 

全国展開で知名度を上げている保育FC

成功している保育FC・コンサルの中には、全国展開で抜群の知名度をあげているところが少なくありません。大規模FCとなると、全国に500以上の保育園を展開しています。何よりも知名度が高いので、開園から地域の信頼を獲得できる強みがあります。

大規模FCでは、事業に必要なノウハウをしっかりした研修によって伝授しています。運営手法や広告手法に関しても、FC本部が全面的にバックアップしてくれます。それゆえ保育事業未経験でも、低リスクで事業をスタートできるのが魅力です。

信頼できる保育コンサル会社には、長年にわたり教育分野で事業展開してきた会社も多くあります。専門性の高いコンサルタントが在籍しており、事業に関する戦略的なアドバイスが受けられます。コンサルサービスであればフランチャイズ式ではないので、複数の保育園を開園しても問題ありません。

一方、保育FCの中にはサービスクオリティで実績をあげているものがあります。きめ細かなサービスは経営指導にも現れており、スタッフの採用面接や方式、オペレーション指導などが丁寧になされます。

 

信頼できる保育FC・コンサルでは、保育園開設後も運営面において手厚いサポートを行っています。

常にサービスクオリティ向上に努めており、それが品質の高い保育サービス提供につながると言えます。保育事業未経験者にとって、信頼できる会社に相談することが成功の秘訣です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧