おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルを利用した経営には契約費などがかかることも忘れずに!

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/06/03

近年になって保育園の需要は急速に高まっています。そのため運営をサポートする仕組みが活気を持ってきています。これから保育園を開設しようとしている人にとっては、保育園FCという枠組みを利用することも有効な選択肢になります。

 

保育園を開設する際の選択肢である保育園FCとは

保育園FCとは、保育園に関する様々なノウハウを提供してくれるフランチャイズのことを意味しています。フランチャイズ契約をすることで保育園に関する知識や経験がない場合でも、必要な経験をカバーしてくれる様々な情報を提供してもらうことが出来ますので安心して取り組むことが出来ます。

実際にこのような方法で保育園を新規で開設するケースが少なくありません。この方法を選択する場合はノウハウの提供を受けることが出来ますので、経験が浅く知識が不十分な場合であっても勉強をしながら開設準備を進めることもできるでしょう。

単なるコンサルティングだけではなく、フランチャイズによってはブランドのメリットごと提供してもらうことが出来る点も魅力の一つになるでしょう。この方法を選択しない場合には自力で様々な準備をしなければなりませんし、信用についても自力で集めていくことが必要になります。

保育園ならどこでもよいという人もいるかもしれませんが、聞いたことのある保育園の方が安心であるという考え方をしている人も多いものです。開設時にこの差は大きなものになります。

 

保育園FCのメリットとコンサルティングの関係

保育園FCを利用する場合、開設を目指す初期段階から丁寧なコンサルティングを受けることが出来るでしょう。豊富な経験を持っている人ばかりが保育園の開設を目指すわけではありませんので、この様な仕組みを上手に活用することも有効であると考えることが出来ます。

フランチャイズにも様々な仕組みがありますが、立地の選択からサポートをしてもらえる場合もありますし、運営に関するノウハウに特化している場合や、人材育成や集客に関する部分で手厚いサポートを受けることが出来る場合もあります。

いずれの場合においても専門家による経験豊富な見地からの助言をもらうことが出来るのが最大の魅力であり、コンサルティングを受けられるという部分にかなりのメリットです。どんなに知識を集めても、実際に経験することでしか身に付けることが難しいものはあります。

その部分をカバーしてくれる仕組みとして、保育園FCは非常に有力な開業サポートの一つとして考えることが出来るでしょう。この魅力は他に代えがたいものがあるというのが現実的な評価になっています。

 

保育園FCの契約前に知っておきたいデメリット

しかしながら保育園FCの仕組みにデメリットがないわけではありません。不足する知識をサポートしてくれたり、利用者を増やすための様々なサポートは非常に有効でメリットがある一方で、それに対価を支払う必要が生じます。

このことが少なくない負担になるということをあらかじめ想定しておく必要があります。経験不足で知識不足な開設者の場合には、フランチャイズの仕組みに伴って得ることが出来る様々な運営ノウハウを知ることが出来るという点は大きなメリットになります。

ただし、フランチャイズの場合にはある程度の枠組みの中でサービスを提供する必要があります。自由度が高い場合もあれば、決められたとおりにしか保育園を運営できなくなる場合も想定されます。

もう一つデメリットとして理解しておきたいのは支払うことになるロイヤリティの問題です。この支払は売り上げに対して一定の金額になる場合や、定額の場合がありますが、いずれにしてもずっと支払い続けなければならない経費のようなものです。先々の負担を正確に意識した上で活用することが大切です。

 

保育園FCにおける契約更新料とは

保育園FCは最近ではそれほど珍しいものではありませんが、それでもその詳細を熟知している人はそれほど多くありません。そのためどのようなサポートをしてくれるのかの基本的な部分や、その対価として支払うことになる契約料、またはロイヤリティの仕組みは理解しておくようにしましょう。

このような問題に際して内容を理解していないというのは非常に大きな問題につながるリスクがあります。この様な契約の場合、フランチャイズの取り決めを締結することになります。どのようなサポートを行うのかについてや、ロイヤリティをどのような配分で支払うことになるのかなどもしっかりと理解しておくことが必要です。

契約更新料がある場合、それについても意識を配っておきましょう。保育園のフランチャイズ契約の場合、設立までのメリットは手厚く伝えてもらうことが出来ますが、設立後には必ずしも大きなメリットが継続するわけではない場合もあります。

それでもフランチャイズに関する契約料や月々のロイヤリティなどは支払いを継続する必要があるのです。この点を受け入れておくことは大切です。

 

最大のデメリットはロイヤリティ関連

フランチャイズ契約における最大の関心ごとは、支払いがどの程度増えることになるのかという点にあります。契約料であったり、コンサル料であったりと形式は様々ですが、定期的に支払うことになる金額というものが存在しているのです。

このロイヤリティについては利益部分で対応することになりますのでフランチャイズ契約の最大のデメリットでもあるのですが、それには代えがたい様々な情報の獲得がメリットとして対峙していることになります。この様な微妙なバランスで保育園FCは成り立っています。

この支払いは契約当初の右も左もわからない時期には非常にコストパフォーマンスの良い対応になるのですが、運営が安定した後では定期的に支払う必要があるロイヤリティがそのまま負担に直結してしまうことになります。そのような取り決めがある場合、それがいつまで継続するのかは予め確かめておくべきポイントであると言えます。

もしも長期間の拘束が約束された内容であったりする場合には、本当にメリットのある仕組みであるのかを再検討したうえで対処することが重要です。

 

コンサルティングのメリットとデメリットの比較

コンサルティングは受けないよりも受けておいた方が良いでしょう。一般的に経験豊富なスタッフが丁寧に対応してくれる仕組みになっていますので安心して受けることが出来ます。

このような活動は誤解を修正していくうえでも役に立つものですが、知識の形で知らない部分をカバーしてくれる仕組みがありますので一般的にはメリットの方がデメリットより大きく評価されることが多いものです。

メリットはコンサルティングによって様々な問題を未然に回避することが出来るようになる点にあります。これは非常に優秀な機能を持っており、経験豊富なスタッフによる助言という形式で様々な問題解決のために役立ちます。

一方でデメリットはお金がかかるという問題です。これは必要な時だけとはいかないことが多く、一般的には月額の費用の支払いを行う必要性があります。このような仕組みがあるということを知っておくと、今後も役立つ知識として蓄積されていくのだということを感じることが出来ます。

それぞれのバランスを見て、問題が大きく改善される可能性があれば具体的な対応が必要になります。

 

保育園FCはこれから保育園を設立しようとしている人にとっては、非常に魅力的な提案として受け入れられています。この仕組みに関してはメリットとデメリットについてもよく考えて対応するようにするのが良いでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧