おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FCのときにコンサル業者にアドバイスをもらうメリット

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

保育事業を展開するとき、なぜ保育園FCのコンサル業者に相談する必要があるのでしょうか。

ここではコンサルからアドバイスをもらうメリットについて紹介しています。早期の黒字化を実現するためにはスタートが肝心です。

 

 

運営安定のためには最初が肝心

保育園を開園するからには運営を安定化させたいと考えるでしょう。現在は待機児童問題が取り上げられるように、この業界には大きな将来性があります。

その反面でライバルが多いのが現実ですから、ずさん経営が継続していると閉園を余儀なくされることもあります。そうなれば子供たちや親御さんにも迷惑をかけてしまいますので、開園時は非常に重要な時期になるわけです。

何事も最初が肝心だと言われており、これは開園に関しても言えることです。最初がうまくいかないと、あとから挽回するのは容易ではありません。

保育園FCのコンサル業者からアドバイスをもらうことで、問題を速やかに解決できるメリットがあります。プロの視点から問題点を洗い出して、適切なサポートをしてくれます。開園の流れや必要資金のことなど、基本的なことから教えてくれるでしょう。

保育園開園では場所が重要なポイントとなり、場所選びで誤ってしまうと園児を獲得するのは容易ではありません。交通量や治安、公共施設なども関係してきますので、ここはプロの視点からチェックしてもらうのが得策です。運営に関しては運営のプロに任せることが一番よいのです。

 

園児の定員獲得に注力してくれる

優れたマーケティング手法により、園児の定員獲得をサポートしてくれるのが保育園FCのコンサルです。快適な保育園を実現するためには、第一に安定した園児獲得が必須となります。定員割れすると利益が減少しますので、運営に直結してくるわけです。

コンサルのアドバイスを得ることによって、黒字スタートも十分に可能になります。借金をすると利息がつきますから、よりキャッシュフローが不安定になるのが特徴です。安定したキャッシュフローを実現するためにも、スタート段階からプロに相談しておくことが好ましいわけです。

保育園FCは直営保育園と比較して運営面で不利と考える方がいますが、手法次第ではリスクを解消できます。安定した利益を得ることは運営の余裕につながるため、よりよいサービスの誕生につながるでしょう。金銭的に追い詰められた状態からはよい発想は生まれにくいのです。

保育園は開園すればあとは惰性に任せれば大丈夫と考える人もいますが、現在はそうした考えは通用しなくなってきています。インターネットが普及したこともあり、誰もが気軽に保育園の比較検討が可能になっているためです。

 

口コミによる集客力を活用しよう

保育園FCオーナーになられる人は、保育園の運営が初めてというケースが少なくありません。ノウハウを抱えていない状態で開園した場合、短期間で赤字化してしまうことが多いです。

最高のサービスを用意していても、園児が集まらないと意味がありません。実は保育園の開園は、ベテランの起業家から見ても相当にハードルが高いのです。時代のニーズに合わせたマーケティングを展開する必要がありますので、コンサル業者にアドバイスをもらうのが得策です。

知名度の高い保育園になることで、口コミによる集客力がアップします。それほど口コミのパワーは大きいため、まずは地元の人たちに知ってもらう必要があります。

知名度が向上すれば周辺エリア以外からも園児を呼び寄せられる可能性が高いです。信頼性を勝ち取るためには実績を積み重ねること、知名度を上げていくことが重要となります。メディアに取り上げられることがあれば、一気に保護者からの注目度がアップするでしょう。

保育園FCのコンサルアドバイスは、法人はもちろん個人に対応している会社もあります。条件に合わせて活用することが黒字スタートするポイントです。

 

資金を抑えて運営することも可能

保育園の運営を黒字安定化させるためには、ムダな出費は抑えていく必要があります。必要経費を削減するとサービス低下につながるので得策ではありませんが、可視化しにくいムダは解消していく工夫が必要です。

保育園FCのコンサルアドバイスを受けることにより、運営費用を最小限に抑えつつ高品質のサービスを展開できるようになります。低コストでの運営が可能になれば、親御さんに対してもメリットを還元できるわけです。

コンサル業者の利用は無料ではありませんが、費用対効果を考えるなら依頼したほうがプラスになります。特に初めて保育園を開園するケースでは、利用する必要性が大きいでしょう。

プロのアドバイスを受けることで、改善点を明確に把握することができます。改善点は自主的に気づければベストでしょうが、客観的な立場からチェックしないと見えてこない部分があります。

プロは運営がうまく行っている保育園の成功事例を多数抱えていますので、それらと比較して改善点を解消することが得意です。迷ったときはプロに相談するのが失敗しないコツです。

認証取得サポート体制を用意した保育園FCのコンサル会社もあり、保育園の利益向上に大きく貢献してくれるでしょう。

 

複数の保育園の同時運営もサポート

保育園の運営が波に乗ったことをきっかけに、複数の保育園運営を開始するオーナーは少なくありません。3園以上を展開するオーナーは多く、複数園の黒字化によってさらに利益の安定が実現します。

投資の世界にも言えることですが、銘柄を複数所有することでリスク分散が可能になるでしょう。安定的な利益を獲得するためにも、可能ならば複数の園を運営していくスタイルをおすすめします。

保育園FCのコンサル業者の中には、数十の保育園をサポートしてきた実績を有する会社もあります。実績が豊富にあるほど成功事例と失敗事例を多く見てきており、オーナーに対してベストな提案ができるのです。

開園エリアの選択のためには、数多くの知識とマーケティング力が必要になってきます。飲食店やスーパーなどにも言えることですが、どこで開業するかが非常に重要です。

開業場所はあとから気軽に変えることはできないので、なんとしても失敗は避ける必要があります。開園エリアを決定し、その上でどのように集客していくか考えていくこともコンサル業者の仕事です。

プロのノウハウを活用すれば、投資金額を最小限に抑えつつ大きな利益を上げることが可能です。

 

保育園の開園に人気が集まっている理由

保育園の運営は非常に難易度が高いですが、軌道に乗せれば高い利益率が期待できます。それゆえ保育園FCに参加するオーナーが急激に増えているわけです。しかし漠然と始めても赤字になることが多いので、コンサルアドバイスを活用するのが得策です。

それによってキャッシュフローをプラスにし、継続的な利益獲得を可能にしてくれます。保育事業が注目されている理由として、在庫がほとんど必要ないことがあります。

また初期費用を抑えて開園できるなど、保育事業ならではのメリットが多いです。

保育園にお子さんを入園させた保護者は、特別な理由なく保育園を変えることはありません。これは運営側にとって非常に大きな魅力があるのです。ただしメリットが数多くある反面、初期運営が難しいという問題もありますので、特に初めてオーナーとなる人はコンサル業者にアドバイスをもらうのが得策でしょう。

時代のニーズを先読みして対策を実施することが重要ですから、マーケティングのプロに任せるのが一番です。園児を定員まで集客し、その上で継続してもらうことを徹底すれば、自然と利益は上がっていきます。

 

他業種と比較して難易度が高い保育園FCの運営を成功させるためには、コンサル業者にアドバイスをしてもらうのが得策です。まずは園児を十分に獲得することが重要であり、口コミを活用した集客がポイントになってきます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧