おすすめの保育園フランチャイズ(FC)オーナー・経営コンサルタント会社をランキングで5社ご紹介!【独立開業に人気!】

保育園FC・コンサルにアドバイスを貰って経営を左右する立地を選ぼう

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/03

保育園の経営に際しては、比較的に初期投資を抑えられるという特徴があります。何より利益率が高いのでROI(投資回収率)も高くなる傾向があります。保育園を開設できる土地さえあれば、大型設備などが不要なのもメリットとなります。

 

施設の充実度や立地条件の良さ

保育園の場合、立地条件さえ良ければスタート時から、必要な園児数を確保するのも難しくありません。昨今は共働き家庭の増加によって、一時預かりのニーズも高まっています。そうしたニーズも合わせれば、園経営の利益確保率はさらなる向上が見込まれると言えます。

そもそも保育施設の運営には商品の仕入れなどはなく、在庫などを抱えるリスクがありません。運営コストの大半は施設の地代や人件費なので、固定費として資金計画が立てやすいのも有利です。資金繰りの不安定要素が少ない分、思い切った設備投資に回すことが可能になります。

園児を持つ親にとって、保育園を決めるポイントの一つが施設の充実度です。親は子供が伸び伸びと遊べることを重視しており、園庭や遊具など整った保育園が評価されるわけです。そのような評価される保育園造りには、実績ある保育園FC・コンサルの存在が欠かせません。

保育園FC・コンサルでは園の土地選定から、建物の設計まで適切なアドバイスを行っています。特に保育園経営が初めての場合、信頼できるアドバイザーをパートナーにすることが肝心だと言えます。

 

保育サービスの向上を図ることが大切

保育園経営のメリットの一つは安定した収入が望めることです。一旦入園した園児に関しては、親の引っ越しや転勤などがない限り、最低でも2~3年は在園することになります。

そのため保育収入を安定して得ることができ、余剰ができれば保育サービスの充実に当てられます。サービスの質が向上すれば、口コミでも評判は広がります。それが新たな入園につながるので、さらに運営基盤を固めることになります。

園児に兄弟がいれば、それも呼び込むことができるわけです。サービスの質向上に関しても、実績のある保育園FC・コンサルからアドバイスが受けられます。保育園は増加傾向にあるとは言え、都市部などではまだまだ足りないのが現状です。

特に利便性の高いエリアでは、住民の増加に保育園開設が追い付いていません。そのことは、保育所入所の待機児童数が増加していることが示しています。その背景には女性の社会進出が挙げられ、想定以上に共働き家庭が増えていることがあります。

保育園は女性の社会進出を支援するものでもあり、安心して子供を預けられることが大事です。待機児童がゼロにならなければ、本当の先進国とはならないと言われます。それ故、保育園の経営者は社会的使命を担っているわけです。

 

待機児童解消は自治体の重要課題

待機児童の解消は、自治体にとっても最重要課題の一つです。それは待機児童の割合が高いと、新たな住民の流入につながらないからです。特に自治体は若い世代の流入や増加に期待しており、地域によって自治体存続のカギを握ると言われます。

そのため保育園の開設や運営には、補助金の助成制度が設けられています。助成金を受給するには建物や設備、そして人員面での条件があります。そうした条件については、実績のある保育園FC・コンサルに相談するのが良いと言えます。

解説段階で適切なアドバイスを受ければ、補助金申請がスムーズに行えます。保育園の預かりには、週5日フルに預かるサービスだけでなく、週に2日や3日など一時保育の預かりサービスもあります。一時預かり保育の利用者は増加しており、家庭や仕事など様々な事情によるものです。

そうしたニーズに応えるのも保育園の役割であり、地域からの期待も高まると言えます。それと共に事業的にも安定するので、地域密着型経営として好循環が生まれます。そのようなニーズは都市部だけでなく、今後は利便性の高い地方部でも発生すると予想されます。

その背景には、少しでも自然環境が良い場所で子育てしたい親のニーズがあります。保育園FC・コンサルに相談することで、地方でも保育経営に適した土地を見つけることができるわけです。

 

保育園開設に最適なエリアを割り出せる

一般的な保育施設では、生後6ヶ月から入園が可能になっています。ただし最近では出産後に直ぐ働きに出るケースが少なくないので生後2ヶ月頃から預かる保育施設も増加しています。

さらに多様な勤務形態に対応するため、夜間対応の保育施設も増えているわけです。こうしたことからも分かるように、保育施設の需要はまだまだ伸びる可能性があります。

一方、保育事業にはリスクが無いわけではありません。保育事業の安定化には、園児の確保が不可欠です。いくら待機児童が問題化されているとはいえ、何もしなくても園児が集まるわけではありません。立地条件によっては、確保が難しくなることも珍しくありません。保育園の立地で肝心なのが競合する保育園の存在です。

現在はバスによる送迎などもあり広範囲が通園対象となっています。それゆえ、新規に開園する際には、そうした送迎手段についても調べる必要があります。但し保育園の詳細な情報は、保育事業未経験者にとって入手しづらい面があります。

そこで頼りになるのが保育園FCやコンサルの存在です。保育事業のコンサルタントは、地域の保育事情に精通しています。そして豊富な情報に基づいて、保育園開設に最適なエリアを割り出してくれます。

 

保育サービス向上のための研修プログラム

新規に保育事業に参入する場合、実績ある保育園FCやコンサルを利用することで、参入リスクを軽減することが可能です。保育のフランチャイズやコンサルタント会社は保育事業ための様々なノウハウを持っているからです。

実績があるからこそ頼りになるパートナーとなれるわけです。そもそも一定数の園児を確保できなければ、補助金制度も利用できません。補助金の支給を受けるには、最低でも60名の園児を確保する必要があると言われています。

但し条件を満たすことで、小規模認可保育制度を活用することができます。その条件に関しても、保育園FC・コンサルによって条件を満たす方法を教えてくれます。保育サービスを実際に提供するのは保育士ですが、責任者にも保育に関する知識やスキルが求められます。

現場で何が必要とされているのか分からないと、適切な対応ができないからです。例えば園児用の遊具にしても、安全性の高い施設を導入する必要があります。具体的にどのような遊具があるのか、責任者が分からないと適切なものが購入できないと言えます。

その他、保育スタッフの教育に関しても、研修プログラムなどでスキルアップを図ることが大事です。保育サービスの向上が、安定運営につながるからです。

 

リスクマネジメントについて学ぶ

保育園は小さな園児を預かる場所であり、その責任は非常に重いものがあります。園児の怪我や病気を始め、友達同士の喧嘩など問題が起こることが少なくありません。対応を間違うと命に関わる事態を招きかねないわけです。

実際、保育施設に関連した事故が、ニュースなどで報道されています。園児が多くなればなるほど、一人ひとりに目が行き届かなくなる恐れがあります。一度事故が発生すると評判はたちまち周囲に伝わるので、場合によっては運営が成り立たなくなる恐れもあります。

そうしたリスクマネジメントについても、保育園FCやコンサルから学ぶ必要があると言えます。新規に保育事業に参入するには土地選びが肝心ですが、自分が既に土地を持っていれば其処に開設することは可能です。所有地に保育園を開設する方法としては、土地だけを事業体に貸したり、建物を建てて事業体に貸すなどやり方があります。

勿論、保育園経営を自分で行うことも可能です。保育園には認可保育園をはじめ、認証保育園や認可外保育園の3パターンがあります。認可保育園を目指すのであれば、敷地面積は100坪以上、建物の延べ床面積は130坪以上必要となります。

また自治体によっては設置制限があるので、保育園FCやコンサルのアドバイスを受けることが大事です。

 

保育園用の土地を探すなら、実績豊富な保育園FC・コンサルに相談するのが効率的です。それらの会社は保育事業に関する豊富な情報を持っており、保育園経営に適したエリアを選定できるからです。

既に土地を持っている場合は、該当する自治体に問い合わせる必要があります。

 

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧